2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」でオリックスバファローズのドラフトの専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位太田椋内野手天理高
2位頓宮裕真捕手亜細亜大
3位荒西祐大投手Honda熊本
4位富山凌雅投手トヨタ自動車
5位宜保翔内・投KBC学園未来沖縄
6位左澤優投手JX-ENEOS
7位中川圭太内野手東洋大

 

アナ オリックスは外れ1位で太田を指名したという流れでした。西尾さん、どうですか?

 

西尾 ちょっとビックリしましたね。まあ、小園選手を外してショートをどうしても獲りたかったんだなという意図があるんですけど、1位なのか、と正直思いました。

 

アナ うん。

 

西尾 それで2位の頓宮選手で1位2位と野手野手できたんですけど、その下では社会人の投手を3人獲っているんで帳尻を合わせてきた感じがするんですけど、ちょっといつもとは違う指名できたという感じがしますね。

 

アナ 小関さんはどうですか?

 

小関 私の予想とは丸っきり違って、太田の1位というのはあんまり考えてなかったです。まあ、評価が高いのは分かっていたし、私も何度も見ています。ドラフトでは指名されると思っていたんですけど、この順位での指名が本当に想像できなかったですね。

 

アナ はい。

 

小関 頓宮にしてもそうですよね。キャッチャーというのはディフェンス優位で選ぶポジションなんで、その点でちょっと頓宮選手の場合はバッティングの方が主体で長打力が強みなんですよね。

 

アナ なるほど。伏見もバッティングを評価されてファーストで出たりというようなことがありましたよね。

 

小関 そうですね。

 

アナ というオリックスバファローズです。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

太田の指名が1つ高いということだったんでしょうけど、これを逃していると楽天か阪神に獲られていた可能性があったように思います。

おすすめの記事