2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で北海道日本ハムファイターズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位吉田輝星投手金足農業高
2位野村祐希内・投花咲徳栄高
3位生田目翼投手日本通運
4位万波中正外野手横浜高
5位柿木蓮投手大阪桐蔭高
6位田宮裕涼捕手成田高
7位福田俊投手星槎道都大

 

アナ 小関さん、北海道日本ハムファイターズは徹底しています。

 

小関 さすがですね。やっぱり上手いと思います。何て言うんですかね、球団によってはスカウトのスタンドプレーじゃないかという指名があるんですよ。

 

アナ はい。

 

小関 奇をてらったというんですかね。そういうのが日本ハムには本当になくて、有名だということは実績があるということですよね。

 

アナ はい。

 

小関 その実績に沿った指名を毎年しているという。それでしっかりと結果が出ているんですから。

 

アナ 外れ1位で秋田の金足農業高校の吉田輝星。外れ1位での一本釣りに成功しました。西尾さん、ポイントはどうですか?

 

西尾 そうですね。1位の吉田選手が一番大きいと思いますし、野村祐希選手も右打者で大きいのが打てるバッターで清宮選手と将来クリーンナップを打つようになったら、これは相当楽しみだなというのがありますよね(笑)

 

アナ 夢がありますね。

 

西尾 そうですね。大型選手を獲っているというのを感じますね。

 

アナ 今年も吉田選手に取材していましたら、雪絡みの長靴を履いてずーっとそういうトレーニングばっかりしていたんだと本人が話していましたんで、北海道でまた雪かという感じですかね(笑)

 

小関 最初は千葉じゃないですか。

 

西尾 そうですね。2軍は千葉の鎌ケ谷ですね。

 

アナ そこに柿木も入った日本ハムでした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

吉田輝星はどんな活躍をするのか楽しみです。

おすすめの記事