201964日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で延長10回表の東京ヤクルトスワローズヤクルトの攻撃で見せた小川監督の采配について元中日の立浪和義、元巨人の斎藤雅樹、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ ヤクルトが日本ハムにサヨナラ負けでした。

 

野村 はい。ヤクルトの攻撃、10回表662アウトランナー2塁で8番奥村に代打中村悠平がヒットで繋いで2アウトランナー1-3塁になりました。そして9番キャッチャー古賀のところで代打を送らずにそのまま古賀を打たせることになりました。

 

8番・古賀 打率.143
控え
西田 .227宮本 .185
廣岡 .000雄平 .262

 

野村 それで残りの控え選手が西田と廣岡が右バッター、そして宮本と雄平が左バッター。それで相手ピッチャーは左が投げてるんですよね。

 

斎藤 うんうん。

 

野村 8番には代打に中村が出ています。そこでここは古賀をそのまま打たせるべきだったのかどうか。確かに廣岡なんかは今年1本もヒットが出てないんですよ。斎藤さん、この場面で古賀をそのまま打たせたのはどうだったんですかね?古賀がベストだったのかどうか。それでその裏に廣岡が9番古賀のところにショートで入ってるんですよね。

 

斎藤 はい。

 

野村 だから、古賀で勝負させるべきだったのか、控えで考えると代打雄平というのもあったんじゃないのか。まあ雄平だと左対左ということになるんですけど、この辺の選択について。

 

斎藤 そうですね。まあ雄平は左ピッチャーとか関係なく、スゴくチャンスに強いというイメージがあるので、雄平が代打で出てきたらイヤだったろうなと思いますね。

 

野村 立浪さんはこの場面についてどう思いますか?

 

立浪 結果はどうなっていたか分からないんですけど、相手にとって出てきたらイヤなのは雄平選手ですよね。

 

野村 ですよね。

 

立浪 まあ左ピッチャーが先発でもずっと出ていた選手ですからね。

 

野村 まあ終わった後で我々は何とでも言えるんですけども()

 

アナ そうですね()

 

野村 ここで古賀選手そのままはどうだったんだろうとちょっと思ったんですよね。

 

アナ 古賀選手も期待に応えたかったと思いますし、惜しい試合でした。

 

野村 そうですね。

 

 

以上です。

結果論のお話でしたが相手がイヤなのは雄平ですよね。
おすすめの記事