2019331vs東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

開幕3戦目。先発投手は阪神は移籍後初先発の西勇輝、ヤクルトも移籍後初先発の高梨裕稔。阪神・西は初回にショート木浪のエラーに近いミスからピンチを作りバレンティン、雄平に連打され2点を先制される。ここから膠着状態に入るが阪神は4回裏に近本のセンターオーバー2塁打からチャンスを作り、糸井ヒット、大山の犠牲フライで1点を返す。ここから再び膠着状態に入り1-2で阪神の負け。西は72失点で見事なピッチングながらも敗戦投手。スカイAABCラジオを参考に以下のコメントとなります。

 

 

矢野監督 敗戦後のTVインタビュー

―接戦だったが敗戦

矢野 西は立ち上がり点を取られましたけど、その後は西らしいピッチングをできてましたし。まあ打線が点を取れないというところが結果負けに繋がりましたね。

 

―阪神初登板の西について

矢野 もう西らしさは十分に出したピッチングはしてくれてましたし。第1戦もそうですけどメッセンジャーに勝ちがつけられなかったし。今日も勝てるピッチングだったと思うんで次は先発ピッチャーに勝ちをつけてやりたいと思います。

 

―リリーフ陣もゼロで抑えた

矢野 そうですね。馬場と飯田はまだ投げてませんけどピッチャーも大体投げて、粘ってゼロでみんな抑えてくれたのは中継ぎ以降も入り方としてはいい入り方ができたと思います。

 

―得点シーンでの近本の活躍について

矢野 まあその1点だけではね。こちらの要求はもっともっと高いところにあるんでね。これでいいとは言えないですけど経験を積むというか11個経験していくのがルーキーにとっては特に大きなことに繋がっていくと思うので、これを将来色んなプレーでファンを湧かせたり、チームに貢献してくれたり、自分が納得していくプレーをしてくれたらいいと思います。

 

―次の巨人戦について

矢野 開幕カードに勝ち越していけるのは一ついいところを作れたと思うんで思い切りぶつかっていきたいですし、評判通りジャイアンツは強いと思うんでこちらも思い切ってぶつかって行くだけなんでジャイアンツに勝ちたいと思います。

 

 

その後の矢野監督のコメント

―西について

矢野 移籍しての初登板で緊張や高ぶりはあっただろうな。そんな中でも自分らしさ、余裕があるように思えた。初回のバレンティンに打たれたタイムリーは球が浮いていたんだけども、あれだけのピッチングをしてくれたらさすがに責められないな。それよりも打線が援護しないとな。

 

5回に木浪に代打鳥谷

矢野 空気を変えたかった。木浪がどうこうより空気を変えられるのはトリ。一番それができる選手。

 

―ノーヒットの木浪について

矢野 (近本と)2人に関してはルーキーで開幕戦から起用するところからですけど間違いなく壁はある。そんな中でも出られることが最高なわけで、そこから苦しんだ中で何かを学び取ってほしい。

 

―リリーフ島本の投球

矢野 (バレンティンをインコースで打ち取って)ファームから見ていていいところも知っているので、これからも敗戦処理とは全く考えていなくて、いい場面で起用していきたい。

 

 

以上です。

やっぱり打てない。ピッチャーはやはりすごい。
おすすめの記事