2019年1月にフジテレビONEで放送された『プロ野球 ここだけの話』でヤクルトで活躍した古田敦也が監督だった野村克也のお説教対策について谷繁元信とフジテレビアナウンサーと共に語っています。

 



アナ 古田さんがプロでの恩師とは誰になりますか?

 

古田 もうそれは野村監督ですよね。

 

アナ はい。

 

古田 練習でもブルペンとかベンチでずーっと愚痴を聞いてるんですよね。

 

アナ そうなんですか。

 

古田 試合中はだいたい立たされて怒られてましたね。

 

谷繁 ハハハ(笑)

 

古田 試合中はよくあったよね(笑)

 

谷繁 よく見ましたね(笑) 試合中に古田さんが座っているベンチの後ろに常に野村さんがいたじゃないですか。

 

古田 そうですね。

 

谷繁 それでずーっと何か言われるんですか?

 

古田 うん。

 

アナ あっ、谷繁さんも気になってるんですか。

 

谷繁 何言われてるかなっていつも思いながらね。

 

 

古田 プロ1年目の若い時というのは、だいたいベンチの端っこに座るんですよね。

 

アナ はい。

 

古田 それで試合にたまに出させてもらうと呼びつけられるんですよ。「古田!ちょっと来い!」って。それで行ったら「何だあの配球は!何であそこであのサインを出すんだ!」ってめっちゃ怒られるわけです。だから、立たされて怒られるわけです。

 

アナ はい。

 

古田 それが1年ぐらい続いて、ちょっと親が心配しまして。

 

谷繁 ハハハ(笑)

 

アナ そうなんですか(笑)

 

古田 「立たされてあんた何やったの?」って言うから、試合中の愚痴を聞いてるからと。

 

アナ はい。

 

古田 それで立たされてる姿がちょっと恥ずかしいとなったんで、1年目の途中からですかね。ベンチのもう監督の前に座って。

 

谷繁 自ら行ったんですか?

 

古田 そうです。

 

アナ へぇ~。

 

古田 どうせ怒られるんで、斜め後ろからガーっと怒られるんだけど、前に座っていると「お前 立て!」とは言わないから。

 

谷繁 目の前にいますからね(笑)

 

古田 体を後ろに向けて怒られるという形になりました。それで試合中は立たされたまま怒られるのはしんどいんでね。ベンチで休みたいしね。

 

アナ はい。

 

古田 だから、座って怒られるようになって、それで成績がグッと上がりましたね。

 

アナ ハハハ(笑) でも、キャンプ中、練習中、試合中とずーっと野村さんのお話を聞いてる。

 

古田 そうですね。まあ、良い言い方をすれば教育ですね。

 

アナ はい。

 

古田 そうやって教えられて育っていく感じですかね。

 

アナ その野村さんの教えが古田さんの礎になったと。

 

古田 もちろんそうです。谷繁もそうですけど、プロというのは試合に出れば出るほど経験値が増えてきて段々と分かってくるんだけど、それを早めにああだこうだと言われる方が、普通の人が500試合かかるところが300試合で身に付いたりするんで、そういう意味では非常にありがたかったですね。

 

アナ あぁ。

 

 

古田 ただ、スゴいストレスですよ(笑)

 

一同 爆笑

 

古田 毎日やられるとね。(MCの20代のアナウンサーに対して)君たちは若いから仕事上で色々とストレスがあるかもしれないですけど、そんなもんじゃないから。

 

アナ あっ、そうですか(笑)

 

古田 (テレビ画面には映っていない番組スタッフを指差して)もうこの辺から言われることなんか軽いもんですから。

 

アナ もう私たちが想像できないぐらいのお話を聞かされると。

 

谷繁 けっこう愚痴ってましたもんね。

 

古田 そらもう・・・お前言わそうとするなよ(笑)

 

谷繁 ハハハ(笑)

 

アナ 谷繁さんにも愚痴ってたんですか?

 

古田 谷繁は試合中によく話し掛けてくるんですよ。

 

アナ そうなんですか!

 

古田 打席に入ったら、こいつが「どうしたんですか?何かあったんですか?」ってよく言ってくるんですよ(笑)

 

アナ へぇ~。

 

古田 それで「こんなんアカンやろ」とか言いながら、お互いピッチャーの愚痴をね。

 

谷繁 そうですね。

 

古田 お互いピッチャーのいいチームじゃなかったから「あのピッチャー駄目でしょ」とかね。

 

谷繁 そうですね。

 

アナ えっ、バッターボックスでキャッチャーと話をするんですね。

 

谷繁 そこでしかコミュニケーションを取る方法がなかったですからね。

 

アナ へぇ~。

 

谷繁 今みたいに練習中に相手チームの選手と話をしたりすることなんて僕らの時代ではほとんどなかったですからね。

 

古田 逆に喋っちゃいけないという。星野監督がいた時なんかは一切の挨拶もダメとか、目配せもダメとかね。

 

谷繁 そうですね。

 

 

アナ そういうこともあったんですか。

 

古田 だから、立浪とかもそうなんですけど、バッターボックスで下を向いて足で土をはらってたりするんです。

 

アナ そうなんですか。

 

古田 キャッチャーがベースを手で土をはらっていたりするじゃないですか。

 

アナ やってますね。

 

古田 大体あれはアンパイアがやってるから元々きれいなんですよ。

 

谷繁 そう。

 

古田 キレイなのにベースの土をはらったりしてバッターと喋ってるんですよ。

 

アナ あっ、目を合わせないでコミュニケーションをしてると。

 

古田 そうです。

 

アナ これは普通に見てたら分からないですね。

 

古田 喋ってお互いのちょっとしたガス抜きかな(笑)

 

 

以上です。

90年代ぐらいの野球ではこれが当たり前でしたね。

おすすめの記事