201965vs千葉ロッテマリーンズ戦@ZOZOマリンの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳晃洋、ロッテの先発は岩下大輝。阪神は2回表に糸原の押し出しデッドボールで1点を先制。ロッテも2回裏に反撃というかショート木浪のエラー連発が絡み2点を取り逆転。更に3回裏には井上の2ランで3点差となる。阪神も4回表に反撃で糸原、糸井の連続タイムリーで2点取り1点差。5回裏にロッテはレアードのタイムリーで1点追加で2点差。6回表に阪神は大山のタイムリーで1点を返し再び1点差に迫る。阪神は1点ビハインドのまま9回表の攻撃の阪神の攻撃でランナー植田が盗塁などを決め1アウト3塁のチャンスで高山がレフトライナーを打ったが植田がホームに突入していたためダブルプレーとなって試合が終了。4-5で阪神の負け。MBSラジオ、ABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

9回表レフトライナーで飛び出した植田について

矢野 俺がそういう指示を出している。責めることはない。全ては俺の責任。(※当たりGOの指示だった模様)

 

―今日の試合を振り返って

矢野 今日はやることはやったと思う。ひくようなことはしてないからね。とにかく俺の責任。大山のライナーゲッツーも俺の責任。(9回表に)盗塁できたのは海の良さ。勇気がいること。その後のことは俺の責任の。良くやってくれている。

 

―先発の青柳について

矢野 球数が増える中、色々と考えることはあったんだけれども、粘ってくれたから最後までチャンスがある試合になったと思うよ。

 

―木浪のエラー連発について

矢野 みんなが通る道でショートはキャッチャーと同じで守備で信頼されないといけないから、この後が大事じゃないかな。

 

 

以上です。

最後は呆然のダブルプレー。
おすすめの記事