2018年8月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦に勝利し7連勝となった福岡ソフトバンクホークスのこの日の戦いについて元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



【工藤監督の勝利監督インタビューの一部】

工藤 僕らはとにかく勝っていかなきゃいけないんで、そこについてはみんなプレッシャーがあると思いますけど、そういう中でしっかりと自分のプレーをしてくれて、素晴らしい勝利になってくれて、本当に感謝しています。

 

 

アナ 2位タイに浮上ですよ。しかも、1位の西武とは7ゲーム差になりました。今日はまず千賀ですか?

 

高木 まず千賀ですね。やっぱり、菊池雄星との投げ合い。絶対に負けるわけにはいかない。

 

【この日の千賀の投球内容】

6回2/3、111球、被安打3、奪三振12、四死球4、失点2

今季10勝4敗 防御率3.23 (8/24の試合終了時点)

 

 

アナ うーん。

 

高木 ライオンズも菊池を立てて、絶対に負けたくなかったと思うんですよ。その中で最初の立ち上がりですよね。もう何かゲームが終わるんじゃないかというぐらいの気合の入れ方で本当に100%の力で入りましたよね。

 

アナ そうでした。

 

高木 それが5回で11奪三振という数になりましたけど。そして、そのあとを受けた嘉弥真です。

 

アナ はい。7回ランナー2塁の場面で秋山を抑えた。

 

高木 今日のポイントを挙げろって言われたらここだと思うんですけど、千賀を代えて嘉弥真にリレーした。

 

アナ はい。

 

高木 本当にワンポイントですけど、1試合分の価値があるぐらいのリリーフでしたね。そして、続く加冶屋はもう完全に西武打線の勢いを止める。最後に投げたのは森唯斗。森はいい度胸している。今日は柳田のホームランとかもありましたけど、もう守り勝ちという感じがしましたね。

 

アナ 強いですねぇ。

 

高木 強いソフトバンクが戻って来ましたね。そんな感じがしました。

 

アナ 何か鷹が牙を磨いていて、ガーっと来たような。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

西武に守り勝ちをして7連勝でガッチリきてます。ソフトバンクとしてはCSで西武をビビらせるにはこういうところで力を見せたいところです。

おすすめの記事