2021年4月15日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で敗れたオリックスバファローズ。大きな差がある守備について元横浜の高木豊と元近鉄西武の金村義明がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



ソフトバンクの二遊間の素晴らしい守備について語ってからオリックスの守備を語り出しました。

 

金村 ソフトバンクは皆が認める守備の猛練習のおかげで守備力あるわけで、オリックスとはちょっと守備の差がありますよね。特に二遊間の差が大きいです。

 

高木 オリックスはこのソフトバンクとの3連戦で田嶋、山本、増井という先発で最低でも2勝はしたい計算をしてると思うんですよね。

 

金村 そうですね。

 

高木 そこでやっぱり守りにどうしてもミスが出てしまう。

 

金村 うーん。今日も出ましたね。『ここ』という時に出ますよね。してはいけないところでね。

 

高木 そうなんですよ。普通のショートゴロも紅林がポロっとしてアウトにはなりましたけど。

 

金村 若い選手を使うというのもありますけどね。

 

高木 はいはい。

 

金村 今日なんかは大城のプレーが痛かったですよね。

 

5回裏 2点リードの場面でグラシアルが打ったセンター前に抜けそうな当たりをセカンド大城が飛び込んで捕るも1塁に悪送球。その後、チームは逆転される。

 

金村 よく捕っただけにね。

 

高木 そうですよね。

 

金村 ステップすれば何の問題もないプレーなんですけどね。

 

高木 だからオリックスには力があるだけに、やっぱりこのエラーの差が勝敗を決めたようなね。そんな気がしてならないんですよね。

 

金村 そうですね。それとこれだけコロコロ4番が替わると打線も落ち着かないですよね。

 

高木 なるほど。

 

金村 もう毎試合見てると「また4番が違う」「また4番が違う」と。

 

高木 そうですね。

 

金村 「今日は頓宮」「今日は中川」という感じですもんね。

 

高木 金村さんは誰が4番に適任だと思いますか?

 

金村 大金出して連れて来たあの外国人。あれピンチヒッターで出すよりも、2年目だから打つでしょう。そろそろ。

 

高木 なるほどね(笑)

 

 

以上です。

守備をどうにかしないと。
おすすめの記事