2019623日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦でプロ2戦目となる先発登板し35失点で降板した北海道日本ハムファイターズのドラフト1位ルーキー吉田輝星について元南海阪神の江本孟紀と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の吉田の投球内容
3回60球 被安打6 奪三振2 四球2 失点5
今季1勝1敗 防御率6.75(6/23の試合終了時点)
プロ初黒星!

 

アナ 中日に3連敗の日本ハム。吉田輝星投手がプロ初黒星となりました。

 

岩本 今日見てて感じたことなんですけど、彼はスゴくストレートに自信を持っていると。

 

アナ そうですね。

 

岩本 でも、今のプロ野球界では160キロのストレートをバッターが投げてくるのが分かっていると打ち返すぐらいのレベルがあるんです。

 

アナ なるほど。

 

岩本 江本さん、やっぱり彼は変化球で精度の高いボールを身に付けることが一層ストレートを光らせるようになると思うんですけど。

 

江本 うん。まあ画面を通して映像を見ていると、変化球は三流ですね。

 

岩本 あぁ・・・。

 

江本 やっぱりこれを一流半ぐらいのレベルにしないと真っ直ぐは生きてこないでしょうね。今日なんかはカーブを投げますよっていう感じで投げるでしょ。

 

岩本 はい。

 

江本 今後はそれなりの工夫をしていけばね。たくさんの事を覚える必要はないんですよ。ああでもないこうでもないじゃなくて、もう一つだけキチっとした変化球を覚えればいいんじゃないですか。

 

岩本 そうなれば今持っているストレートも一層生きてきますよね。

 

江本 うん。だからストレートのコントロールを気を付けるというのもやっていけばいいと思いますね。

 

岩本 なるほど。

 

アナ 交流戦打率667厘の岩本さん、吉田投手のバッティングはいかがだったでしょうか?

 

この日の吉田の打撃内容
1打席目 セカンドゴロ
この1打席のみ

 

岩本 今日は内野ゴロに倒れましたけど、数日前にバッティング練習を見たんですが、センスはあるんですよ。

 

アナ おぉぉ。

 

岩本 なので初めてので来年・再来年とこういう機会が今後やって来た時にはまた新たな伝説を残すんじゃないですか。

 

アナ 今日はプロの洗礼を色々と浴びたような感じもありましたけど。

 

岩本 はい。この悔しさを糧に変えてもらい、大投手に育ってほしいですね。

 

アナ これからの活躍も楽しみですよね。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

変化球で腕が緩むことはけっこう指摘されていますね。
おすすめの記事