2021年5月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でテンポ良く2勝目をあげた広島カープの高橋昂也について元横浜の野村弘樹、楽天で監督をしていたデーブ大久保、横浜で監督していた大矢明彦一がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



高橋のヒーローインタビューの一部

高橋 点差があっても動じずに投げ切るというのを意識してマウンドに上がりました。まだまだ反省するところはありますけど、自信にしてこれからのピッチングに生かしていきたいと思います。

 

 

高橋を語る

この日の高橋の投球内容
6回88球 被安打4 奪三振4 四球2 失点2
今季2勝1敗 防御率2.01(5/14の試合終了時点)
4回以降はヒットを許さず

 

稲村 広島が高橋昂也投手の好投もありDeNAに勝利です。

 

野村 デーブさん、高橋昂也がゲームを作れるようになってきましたね。

 

大久保 鈍感力だと思うんですよ。

 

野村 あぁ。

 

大久保 ヒーローインタビューでも「点差があっても動じずに」と言ってましたけど、それは逆だよと。

 

野村 はい(笑)

 

大久保 2軍で指導してても、そういう子ってピンチでも鈍感でやってくれますからね。だから「置きにいけ」と言ったら置きにいけるし。それがこの子の魅力だし、そうやっていく内にどうすればストライクが取れる、どうすればボールにできる。それがピッチングにどう生きてくるっていうのを覚えていけるんですよ。

 

野村 なるほど。

 

大久保 ハッキリ言って10勝0敗のピッチャーじゃないじゃないですか。10勝しても10敗してゲームを作れるピッチャーになって、そのうち15勝5敗とかのピッチャーのなるんでしょうね。

 

野村 うんうん。大矢さんは高橋昂也をどういうピッチャーだと見ますか?

 

大矢 まあ、器用さはないような感じはするんですけどね。でも今のカープの投手陣を見ると、先発がいない中でこういうチャンスを貰えるわけですから、それを生かさない手はないんですよね。

 

野村 そうですよね。

 

大矢 今、デーブさんが色々と語ってましたけど、自分の良さは自分で感じていかないと、壁に当たった時に這い上がれなくなっちゃうんで。いいものはいいと感じて投げてもらえたら先が見えてくると思うな。

 

 

以上です。

かなり楽しみなピッチャーですね。
おすすめの記事