2021年3月30日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で8安打も打線が繋がらずに完封負けを喫した千葉ロッテマリーンズについて元中日の谷沢健一、元南海阪神の江本孟紀、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日のロッテのスタメン
1番 荻野
2番 マーティン
3番 中村
4番 安田
5番 レアード
6番 菅野
7番 藤岡
8番 田村
9番 藤原
8安打も打線が繋がらず完封負け

 

アナ 楽天の岸投手に完封負けを喫したロッテは開幕から4連敗となりました。谷沢さん、ロッテについてはいかがですか?

 

谷沢 うーん。ソフトバンクに3連敗して、あの時の打線の組み方もちょっと疑問視されていたけども。

 

アナ はい。

 

谷沢 まあ、もともとロッテは粘っこいチームだからね。そのうちこの苦境を跳ね除けるでしょ。レアードも戻ってきたしね。それで菅野は引っ張る事もできるし2番起用なんかもいいんじゃないかな。そしてマーティンを3番にしてね。あとは安田がここのところ来たボールをただ打ってるだけなんで、もうちょっと読みが必要かなと思うね。

 

アナ なるほど。デーブさんはどう見てますか?

 

大久保 もちろん全員が打ってくれるんなら誰がどの打順にいてもいいんですけど、やっぱり負けてるチームというのは試行錯誤をしたくなるんですよね。

 

アナ はい。

 

大久保 江本さん、ピッチャーも実際には同じ打線を組まれていても、バッテリーで「今日は何か違うことをしてくるんじゃないか?」って疑心暗鬼になることがあると思うんですけど。

 

江本 それは当然ですね。

 

大久保 ですよね。だから打線を組み替えると「慌ててんなあ」ってなりますよね。

 

江本 うん。だからロッテはあんまり固定とかはしてないんだから、どんどん変えていいと思う。

 

大久保 それもアリという事ですね。

 

江本 アリです。

 

大久保 バッテリーから言わすと、それもアリだと。

 

 

以上です。

デーブは打順変更をすると相手に舐められるという結論にしたかったのにエモやんが否定しました。
おすすめの記事