2021年3月31日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦でFA移籍後、初登板の先発となった読売ジャイアンツの井納翔一について元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の井納の投球内容
1回0/3 31球 被安打5 奪三振0 四球0 失点4
移籍後初登板で炎上!

 

真中 雅樹さん、井納投手の今日のピッチングを振り返ってもらいたいんですが。

 

斎藤 今日は調整不足なのかなという感じがありますよね。

 

真中 はい。

 

斎藤 コントロールもバラついてましたし、球に力がなかったという事ですよね。だからもう一回やり直すというのもアリなのかなと思いますよね。

 

真中 うーん。ちょっと球が中に集まるという傾向がありましたよね。

 

斎藤 そうですね。カウントがいいのに、中に入って行くという事で、ベテランらしからぬと言いますかね。そういうピッチングでしたね。

 

真中 そうですね。豊さん、井納は今日ちょっと結果が出なかったんですけども。

 

高木 そうですねぇ。まあ、中日には相性のいいバッターが揃ってるのもありましたからね。

 

真中 まあそれはありますよね。

 

高木 それはあるんですけど、そこを考えても今日の井納はちょっと堅かったですね。もう少しコントロールのいいピッチャーなんですけどね。もう少し散らす事ができなかったのかなって思いますね。

 

真中 そうですよねぇ。

 

高木 だから、こんな力ではないと思いうんですよね。

 

真中 もちろんそうですよね。

 

高木 まあ、最初の登板という事でちょっと許してやってください。

 

真中 はい(笑) でも、何かあったんですよね?

 

アナ はい。試合後に2軍落ちが決まったという事で。

 

真中 そうなんですよね。豊さん、もう2軍落ちが決まったという話が出てます。

 

高木 なるほどね。それは逆鱗に触れたんですね・・・。

 

斎藤 フフフ(笑)

 

真中 ここで終わる選手ではないですからね。もう一回やり直しですね。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

逆鱗に触れた。
おすすめの記事