2018年7月20日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で2ホームランで大活躍した眠れる才能を持つ北海道日本ハムファイターズの渡邊諒について元横浜の平松政次、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の斉藤明雄がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の渡邊の打撃内容】

1打席目 レフトホームラン

2打席目 センターホームラン

3打席目 ピッチャーライナー

 

【渡邊のヒーローインタビューの一部】

渡邊 負けない気持ちがいいバッティングに繋がったと思います。本当に怪我が続いてチームにも迷惑を掛けていましたし、若い人のたちが活躍しているのをテレビの前で見ていて、自分自身は札幌で活躍したいという思いで過ごしてきたので、本当に良かったです。

 

 

アナ 5年目で初のお立ち台。感慨深いでしょうね。

 

大久保 茨城出身の子で、僕が2軍監督に挨拶に来てくれて、スゴく思い切りのいいバッティングをしていて、すぐに出てくると思ったら怪我をして。

 

アナ はい。

 

大久保 ちょっと立ち直れないぐらいの怪我という噂が僕らの耳に入ってきていましたけど、帰って来ましたね。平松さん、怪我から復活して嬉しいですね。

 

平松 それだけ将来性のある選手がルーキーの時にね。それだけの怪我を克服して出てくるというのは持っている才能がいいんでしょうね。

 

大久保 そうですね。明雄さん、2軍のコーチって怪我のリハビリを見ているのが本当に辛いですよね。

 

斎藤 そうですよね。もう本人もやりたいんだけど、やらせない、やらせなれないというのがね。

 

大久保 そうですよね。

 

斎藤 我々も歯がゆいんだけど、選手はもっと歯がゆいと思いますよ。動けるのに何にも出来ないというのがね。一番可哀想ですね。

 

大久保 本当にリハビリでは辛い様子を見ますよ。

 

アナ うーん。潜在能力があるということでこれからドンドン力を発揮してほしいですね。

 

大久保 うん。

 

 

【去年までの渡邊の打撃成績】

2014年 2試合、安打1、本塁打0、打点0、打率.200

2015年 9試合、安打2、本塁打0、打点0、打率.154

2016年 1試合、安打1、本塁打1、打点1、打率.333

2017年 22試合、安打4、本塁打0、打点2、打率.133

 

 

以上です。

怪我で苦労して這い上がってくる選手は応援したくなりますね。これからどれぐらいのものを見せてくれるのか楽しみです。

おすすめの記事