10月28日にテレビ朝日で放送された「サンデーLIVE!!」で古田敦也が日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークス、第1戦を見ての感想、そして展望をテレビ朝日アナウンサーの斎藤康貴と共に語っています。

 



アナ 古田さんはこの試合をどんな風にご覧になっていましたか?

 

古田 そうですね。僕はこの言葉が一番かな。

 

『予想以上』と書いたフリップを出す

 

古田 予想以上。何が予想以上かと言いますと、お互いにピッチャーがいいのでなかなか点が取れないんじゃないか。特にブルペン陣じゃないですかね。

 

アナ そうですよね。

 

古田 このブルペンのピッチャーが非常にいいと言われていたんで、なかなか点が取れないと言われていたんですけど、まあ想像以上にお互い良かったと言ってもいいじゃないですか。

 

アナ フランスアは150キロを超えるボールを投げていました。

 

古田 連発で投げていましたね。そして抑えのエースの中崎も付け入る隙を与えない。こういうピッチングをされるとなかなか点が取れない。一方のソフトバンクもそうなんですよね。

 

アナ はい。

 

古田 先発の千賀を4回で降ろしたんですけど、そこから出てくるのが本来は先発をしている武田であったり、石川であったり、このへんのピッチャーはしっかりと抑えますよね。

 

アナ 打てる感じがなかったですよね。

 

古田 なかなかなかった。ソフトバンクの最後はモイネロですからね。やっぱり想像以上にいい、予想以上にいいピッチャーがいると戦い方というのが変わってくるんですよね。

 

アナ はい。

 

古田 お互いにそこそこ打って勝ってきたチームだけど、1点2点を取って何とか逃げ切らなきゃ、ロースコアの1点勝負で勝っていかなきゃいけないというところで、序盤の浅い回からピッチャーに代打を送ったりとかで、とにかく早い仕掛けで1点を取りにいく野球に変わっていくんじゃないですかね。

 

アナ なるほど。1点がより大事になる日本シリーズになっていく可能性があるわけですね。

 

古田 そうですね。

 

アナ さあ古田さん、この日本シリーズの初戦は引き分けです。今後はどうなって、どちらが日本一になるとお考えですか?

 

古田 予想しろと言われても予想は非常に難しいです。お互いの力が拮抗しているんでね。

 

アナ はい。

 

古田 でも僕は予想しました。こちらです。

 

『ソフトバンク4勝3敗2分』と書かれたフリップを出す

 

古田 僕はソフトバンクの4勝3敗で2分け。

 

アナ 2分けですか。ということはもう一度引き分けがあるということですね。

 

古田 もう一回ぐらいは引き分けがあるかもしれないですよ。日本シリーズではなかなかない第9戦とかまでいくかもしれないですね。

 

アナ そうですか(笑)

 

古田 昨日(第1戦)のような試合がまたあるかもしれない。

 

アナ それだけ両チームの力が拮抗していると。

 

古田 両方ともいいピッチャーがいますから面白い試合になると思いますよ。

 

アナ 果たして日本一を掴むのはどちらのチームなのか。そして古田さんの予想が当たるのか注目してください。

 

古田 注目しないでください(笑顔)

 

 

以上です。

古田の予想は当たらないですからね。

おすすめの記事