2018年5月27日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.日ハム戦の延長戦で埼玉西武ライオンズの浅村栄人がゲッツー狙いのプレーで2塁でボールを受けて1塁に転送しました。そこでセカンドベースを踏んでいないのではないかと日ハムベンチにリクエスト要求されて踏んでいないと判定されてランナーはセーフ判定となりました。この事について元中日の谷沢健一、元中日西武の田尾安志、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と語っています。

 



アナ 昨日に続き、日本ハムが延長戦を制しました。

 

岩本 はい。その延長戦の10回表なんですけども、谷沢さん、リクエストで試合が大きく動きました。

 

状況は8-8の同点で日ハムの攻撃10回表1アウト1塁で打者がサードゴロを打ちセカンド転送で2塁封殺は余裕でアウトのタイミング

 

谷沢 去年までならゲッツーでアウトですよね。

 

岩本 はい。これは微妙なプレーでよくファイターズベンチもそれをチェックしていましたよね。今までだったら気付かない部分じゃないですか。

 

谷沢 でも、ファーストのベースタッチだとか、セカンドのベースタッチだとか、我々も去年までなら早いかなあというのは見ましたよ。

 

岩本 はい。半ば暗黙の了解的なところがあったこのセカンドベース上のプレーなんですけど。

 

谷沢 これ完全にベースを踏んでないよね。

 

岩本 そうですね。スローで見ると明らかですよね。田尾さんはどう思われますか?

 

田尾 何で踏まなかったんですかね(笑)

 

岩本 やっぱりそっちですか(笑)

 

田尾 あのタイミングでいい球が来ているから踏めるんだけど、今までの癖が出たんじゃないですかね。

 

岩本 そうですね。あのプレーの時にファイターズベンチがみんなセカンドベースを指差すぐらいけっこうそれが明確に出ていたようなんですよね。それで試合後に西武の辻監督なんですけど、辻監督も内野手のエキスパートとして「あのプレーは内野手の見せ所の一つであって、それを浅村に対して言及することはないんだ」とコメントを残されたということなんですが、結果的にゲームを大きく作用したプレーになってしまいましたね。

 

谷沢 しっかりとベースを踏まなくてもつま先でベースを擦るような形でやっている2塁手もいますよね。

 

岩本 そうですよね。

 

 

以上です。

岩本だけはみなしプレーでいいじゃないかというニュアンスで喋っていました。谷沢と田尾は何で踏まんのだろうかというニュアンスで語っていました。私は岩本派ですね。ただ、浅村はそういう癖があると割と考えられていたんでしょうね。

こちらでは伊東勤が語っています。

おすすめの記事