プロ初完投の楽天藤平尚真の投球を大矢、松本、高木豊が解説 2018年9月17日

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2018年9月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で先発し、9回を3本のヒットに抑えて完投勝利の4勝目をあげた東北楽天ゴールデンイーグルスの藤平尚真のピッチングについて横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の高木豊、元巨人の松元匡史がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

【この日の藤平の投球内容】

9回114球、被安打3、奪三振3、四球3、失点2

今季4勝6敗 防御率4.28

 

【藤平のヒーローインタビューの一部】

藤平 ここ3試合、あまりいい内容のピッチングが出来ていなかったので、何としてもいいピッチングをして、来年に繋がるようなピッチングをしようとマウンドに上がりました。19歳、最後の登板でこういう試合ができたのはスゴい嬉しいです。

衛藤 大矢さん、楽天の藤平投手がプロ初完投です。

大矢 ですよね。19歳ですよ。松本さん、今日114球です。

松本 はい。

大矢 それで完投しました。

松本 ようやく自分の持ち味が出せたかなというピッチングですよね。

大矢 そうですね。要所でタイミングを早くしてクイック気味で投げたりね。奪三振も3つだからそんなに多くないんだよね。

松本 まあ、もっと欲を言えばもっとコントロールがいいはずなんですよ。

大矢 もっとコントロールがいい。

松本 はい。ですから、そこのをもう少し修正すれば、もっと三振も取れると思うんですよね。

大矢 高木さん、横浜高校出身でまとまっているピッチャーでしたよね。

高木 はい。これからが楽しみですよねぇ。まだ19歳ですか。

大矢 はい。

高木 羨ましいですね(笑)

大矢 松本さん、楽天は若い選手をどんどん使って来季のためにというのがあるんで、若い選手が抜擢に応えてくれないと使ってる方はつまんないんだよね。

松本 本当にそうなんですよね。けっこうチャンスは与えているんですけど、なかなか結果が付いてこないというのがありましたんでね。

大矢 そうですね。

松本 特に前半なんかはそうですね。

大矢 はい。

以上です。

藤平は高卒2年目で完投するんですから立派です。