2018年4月8日にTBSで放送された「サンデーモーニング」で張本勲が3試合連続ホームランのエンゼルス大谷を微妙に褒めています。番組MCの関口宏と共に語っています。ちょっとだけ元オリンピック水泳選手で銅メダリスト松田丈志も登場します。

 



関口 ハリさん、大谷凄いじゃないですか。

 

張本 はい。見ましょうか。

 

 

【投手大谷で初勝利した様子と3試合連続のホームランの映像が流れる】

張本 ホームラン。まぐれなのかアメリカのピッチャーのレベルが落ちたのか、まあ両方だと思うけども3試合連続というのは珍しいよね。2試合はあるのよ。何が良いかというと2つ。彼が凄いなと思ったのは右足を上げなくなったんですよ。

 

関口 あ、それを抑えるようになった。

 

張本 イチローは数年かけてピッチャーに対応できるように足を上げなくなったんです。日本では80年の野球史があるけど左バッターが足を上げて成功したのは3人しかいないんですよ。大下さん、王さん、イチロー。

 

関口 うん。

 

張本 それで彼も上げていたんだけど「やっぱり、これじゃダメだな」と。向こうの球はね、スネークボールと言って真っ直ぐに入ってこないで蛇とかウナギみたいにウーっと入ってくるんですよ。真っ直ぐ入ってくる球をフラットボールというんですけど、これは打てるのよ。

 

関口 うん。

 

張本 だから、彼はすぐに機転を利かせて足を上げなくなったのが1つ。3本ともセンター方向で体が開いていない。この2点がね、大したもんだなと思いますね。

 

松田 アッパレですよね。

 

関口 アッパレあげましょう。ハリさんはアッパレあげないんですか?

 

張本 それでもまだね。

 

関口 え?

 

張本 一通り回らないと30試合ぐらいしないとね。それで今は8番打っているでしょ。日本では「ライパチ」言うてね。1番下手な人が8番打つんですよ。

 

一同 (笑)

 

張本 打順が下位だと相手のピッチャーも攻め方が違うからね。これからは近めにも来るから。今の近めの打ち方では多分苦労しますよ。

 

関口 そこまで見てみたいと。

 

張本 見てみたい。

 

 

【ここで1918年に10勝でホームラン10本を打ったべーブルースの話題になる】

関口 ハリさん、大谷の10勝でホームラン10本の可能性はどうですか?

 

張本 1918年のべーブルースは試合数がすごく少なかったからね。今は160試合以上あるから大谷はこのまま出るなら、それはいくでしょう。

 

関口 いきますか。

 

張本 10本は打ちますよ。

 

関口 10勝は?

 

張本 わたしはピッチャーの方を期待しとるんだけどね。10勝10本じゃ意味がない。やっぱり15勝以上、20本以上。これなら大アッパレやね。

 

関口 そうかあ。その可能性はなくはないでしょ?

 

張本 なくはないです。やってもらいたいねぇ。

 

 

以上です。

一応、褒めているんですけど素直に褒めている感じがしないですね(笑)

どこかにケチをつけないと張本らしくないですからね。

おすすめの記事