2020621日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日の開幕3戦目であるvs.埼玉西武ライオンズ戦で2試合連続で4番を働きを見せた北海道日本ハムファイターズの中田翔について元日ハムの岩本勉と横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



中田のヒーローインタビューの一部

―ホームランについて

中田 まあ、行ってくれというか、もう願いながら走ってました。

 

―状態は?

中田 まだまだ良くはないですし、常に謙虚な気持ちを持って、取り組んでいきたいなと思います。

 

 

見事な活躍の中田翔について

この日の中田の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点1)
2打席目 見逃し三振
3打席目 フォアボール
4打席目 フォアボール
5打席目 セカンドフライ
シーズン打率.300(6/21の試合終了時点)

 

アナ 日本ハムが連勝でカード勝ち越しということで、中田選手は2試合連続の打点となりました。岩本さん、中田選手どうですか?

 

岩本 開幕戦からさすが4番だなと。今シーズンのチーム初ヒットも4番の中田でしたからね。そして2戦目には勝ち越しの逆転タイムリー、そして今日は先制ホームランと。大矢さん、やはり4番の充実は打線を活気付けますよね。

 

大矢 軸がしっかりと打点を上げてくれると、ゲーム自体がすごく安定感のある、活気のあるゲームになりますよね。

 

岩本 開幕カードでは選手は緊張したり、堅くなったりするじゃないですか。

 

大矢 はい。

 

岩本 でも、練習試合からどっしりしてる中田がシーズン始まっても何も変わらずしっかりと自分の仕事をしてくれる。その姿で好循環が生まれているように感じるんですけど。

 

大矢 準備がしっかり出来ていると思うんですよね。それが一番大きかったと思いますね。

 

岩本 はい。

 

大矢 それで今日のゲームって栗山監督も継投のゲームでしたよね。それを有利に有利に運ぶにはやっぱりこういう形。4番の爆発で理想的なゲームでしたよね。

 

岩本 はい。

 

 

継投について

この日の継投リレー
杉浦 4回    無失点
井口 0回2/3 無失点→ホールド
堀  1回1/3 無失点→勝ち
公文 1回    無失点
金子 1回    2失点
吉川 1回    無失点

 

岩本 その継投なんですけど、今シーズンは延長戦が12回から10回までというルールになりました。

 

大矢 はい。

 

岩本 結構早い段階でリリーフ継投への移行というのが考えられる中、ファイターズは本当にこのカードで継投がハマっているというか、皆がいい仕事をするんですよね。

 

大矢 そうですね。開幕して3戦目なんでね。こうやって色々と使っていって、またやりくりするんだと思うんですけどもね。

 

岩本 はい。

 

大矢 3戦目に本当に理想的なゲームをやりましたね。

 

岩本 投げるピッチャー陣として、開幕カードの中でどこかで早く自分も投げて開幕したいじゃないですか。

 

大矢 そうですね。

 

岩本 その期待している役割をしっかりこう描かれている投手たちがその役割通りの活躍で開幕できたというのも、今後の功名かなと思うんですけども。

 

大矢 そうですね。大きな怪我なしに本当のあの短いイニングでキチっと仕事してくれるんでね。使う方法も色々な使い方ができると思いますね。

 

岩本 今シーズン、各チームもショートスターターとかオープナーとか、そういう作戦をけっこうしてくるんでしょうかね。

 

大矢 うん。開幕も遅かったですしね。やっぱりピッチャーの消耗してくと思うんでね。消耗を避けるためにもショートイニングをみんなで分担するってやり方ってありだと思うんですよね。

 

 

以上です。

ハムはいい滑り出しをしました。
おすすめの記事