2019830日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs阪神タイガース戦で決勝打を含む2ランも放ち移籍後初となる1試合4安打を記録した読売ジャイアンツの丸佳浩について元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



丸のヒーローインタビューの一部

 ピッチャーが辛抱強く投げていたんで、なんとか点を取ろうと思ってたました。最後はいい形が出ましたけど、明日のゲームではこういった形を初回から出せるようにやっていきたいと思います。

 

 

高木、斎藤雅樹、真中が語る

この日の丸の打撃内容
1打席目 ライト前ヒット
2打席目 ショートゴロ
3打席目 ライト前ヒット
4打席目 ライト前ヒット(打点1)
5打席目 センターホームラン(打点2)
シーズン打率.305(8/30の試合終了時点)
移籍後初の1試合4安打

 

アナ 巨人が終盤に勝ち越して阪神を下しました。

 

高木 真中さん、やっぱり丸は2年連続MVPを獲ってる選手ですよね。

 

真中 ちょっとね、ここ2試合ぐらいは調子が悪かったんですよね。それで昨日ぐらいから打ち出して、今日は4安打ですよね。

 

高木 うんうん。

 

真中 まあ優勝争いのこの時期に丸の状態がここまで上がってきてるのは、ジャイアンツにとっては非常に心強いですよね。

 

高木 職人だよね。

 

真中 いいところでキッチリ打ちますもんね。

 

高木 そうですねぇ。

 

 

申告敬遠が勝負を分ける

高木 雅樹さん、それとこの試合では申告敬遠のシーンが2度あったんですよ。一方は原監督が7回裏にマルテの打席ですぐに申告敬遠で歩かせて糸原と勝負して抑えた。そしてもう一方は7回表に矢野監督が坂本に対して3球投じてスリーボールになった後に申告敬遠をして丸との勝負を選んだんですよ。

 

斎藤 はい。

 

高木 そこで丸が仕留めたという感じなんですけど、やっぱりピッチャーとして、3球投げた後に申告敬遠するのはイヤでしょ?

 

斎藤 まあそうですね。その時点で際どいところを攻めながらって言われてるはずなんですよね。

 

高木 そうですよね。

 

斎藤 それでいいのか、それで甘いところに投げてしまって後悔するならば最初から申告敬遠する方がいいと思いますよね。

 

高木 なんかこの辺の申告敬遠の差が勝敗を分けたような気がしますね。

 

 

以上です。

原監督と矢野監督の差がありますね。矢野監督はキャッチャー出身なのに。
おすすめの記事