2019830日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日の埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークス戦で4回裏の外崎修汰の打席について元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



シーン

4回裏 西武は2点ビハインド
1アウト1塁でバッターは外崎。1球目ボール、2球目ストライク、そして3球目が微妙なボール判定となる。カウント2ボール1ストライクとなり、4球目に同じようなコースの少し甘めを投げてホームランとなった。この3球目の微妙なボール判定が勝負を分けたと3人の解説者が語ります。

 

 

高木、斎藤雅樹、真中が語

アナ 2ゲーム差で迎えた首位攻防戦でしたが、西武がソフトバンクを下し1ゲーム差に迫りました。今日の勝負を分けた大きな1球があったんですよね。

 

高木 もう大きな1球がありましたね。真中さん、4回裏、外崎の打席で1ボール1ストライクからの3球目のボール。

 

真中 これいいボールでしたよね。

 

高木 いやぁ、いいボールだったと思うんですけど、これは判定だから仕方ないんですけど、3球目がストライクになって追い込まれるか、これがボールになってバッティングカウントになるか、この違いは物凄く大きかったと思うんですけど。

 

真中 これは心理状態からしますと外崎は優位に立てましたよね。思い切って真っ直ぐを狙える形になりましたよね。

 

高木 雅樹さん、それで意地を張って3球目と同じようなコースに同じような球を投げたように見えましたが。

 

斎藤 まあそうだと思いますね。

 

高木 キャッチャー甲斐の動きを見ているとそうですよね。

 

斎藤 はい。

 

高木 あの心理というのはピッチャーからすと、「もう1球いってやる」という心理になるんですか?

 

斎藤 なりますけど、大体続けたら次の球の方が甘くなるというのが多いですね。

 

高木 うんうん。

 

斎藤 もし投げるならコースを変えるか、球種を変えた方がいいんじゃないかなと。

 

高木 大怪我にはならなかった。

 

斎藤 はい。そういうことですよね。

 

高木 でも、真中さん、やっぱり千賀と甲斐のバッテリーの心理を読んだ真っ直ぐの待ち方に見えましたね。

 

真中 そうですね。外崎からすると3球目がボールになったので、少し甘いところを待てることになりましたよね。

 

高木 余裕ができましたよね。

 

真中 はい。それでカウントも有利ですから、ストレート1本で絞っているところに甘めのストレートが来たと。 

 

高木 そうですね。

 

真中 これを見逃さずにしっかりと打てた外崎も素晴らしいですよね。

 

高木 そうですね。この大事な試合で1球のストライクボールの判定が大きな仕事をさせるというかね。

 

アナ 1球で流れが変わるんですね。

 

 

以上です。

仕留めた外崎もさすがです。
おすすめの記事