2019830日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs広島カープ戦で緊急登板しチームを助けた横浜DeNAベイスターズの育成出身・笠井崇正について元横浜の高木豊と元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



シーン

DeNA先発の濱口は2回途中で降板し、緊急登板となった笠井が6回まで1失点で凌ぎ試合を作った。笠井の降板後にチームは逆転勝利を収めた。

 

 

高木豊と斎藤雅樹が語る

この日の笠井の投球内容
4回1/3 64球 被安打4 奪三振2 四球0 失点1

 

アナ 広島との痺れる展開を制したDeNAなんですけど、今日は陰のヒーローがいましたね。ここで笠井投手のヒーローインタビューをご覧いただきましょう。

 

笠井のヒーローインタビューの一部
笠井 自分は一人ずつバッターと勝負するとことだけをやって、いい結果になっていたんで良かったです。毎試合ブルペンで待機して準備して、何かあった時にっていうのが今の役割なんで、準備はしっかりできてました。

 

高木 雅樹さん、ブルペンにいたとはいえ肩を作ってなかったと思うんですよ。

 

斎藤 もちろんそうですね。まあアクシデントですからね。体の準備はできるんですけど、心の準備という面ではピンチで登板するということで難しかったでしょうね。

 

高木 ですよね。それとラミちゃんも41/3も投げさせて、ずっと引っ張りましたよね。

 

斎藤 そうですね。一回打席にも立たせましたよね。打席が回ってきて交代かなと思ったんですけど、やっぱりそれだけ期待しているといつことじゃないですか。

 

高木 なるほど。この笠井の将来性とかはどうですか?

 

斎藤 いいと思います。ただ、変化球がどうしても甘くなる時があるんですね。だからもっと真っ直ぐを意識させて、変化球をボールゾーンに投げていくというのがいいと思いますね。

 

高木 なるほど。

 

アナ 優勝争いをする中でまた一人選手が出てきましたね。

 

高木 自信をつけたでしょうね。

 

 

以上です。

かなり救世主的な役割を果たしましたね。
おすすめの記事