2018年7月22日にTBSで放送された「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで中日で監督をしていた落合博満がセ・リーグの現状、今後について元ロッテ巨人の張本勲と番組MCの関口宏と共に語っています。

 



2018年7月22日の試合前の時点の順位表

順位試合数勝利敗戦引分ゲーム差
広島8147331-
巨人87434317
ヤクルト82384319.5
DeNA83384329.5
阪神793642110
中日863847111.5

 

 

関口 出身のチームの中日とかは気になりませんか?

 

落合 いやぁ、今は気になるというよりも、何人か若い選手が出て来ている。そっちの方の楽しみじゃないですか。

 

関口 そうなんですか。

 

落合 えぇ。

 

関口 ということは、今年は諦めちゃっているみたいに聞こえますが(笑)

 

落合 いや、諦めるというよりも、ゲーム差の11.5よりも、負け数ですよ。(※広島33、巨人43、ヤクルト43、DeNA43、阪神42、中日47)

 

関口 はい。

 

落合 だいたい140試合として、80の60と考えて、貯金20になって、60敗は負けられるだろうと。

 

関口 60敗はもうしても良いと。もう中日なんかだと近いですよ。

 

落合 いや、だから、2位から6位までほぼ一線なんですよ。

 

関口 そうですね。負け数が42~47で並んでいますからね。

 

落合 広島の負け数は33でしょ。

 

関口 はい。もう決まりみたいなもんですか?

 

落合 いや、決まりとは言いません。

 

関口 ハハハ(笑)

 

落合 10ゲーム差をひっくり返されている年が何回かあるんでね。

 

関口 ありますよね。

 

落合 ただ、2位から6位のチームの中でどれか1つは出て来てくれないと、戦えなくなるんだろうと思います。

 

関口 うん。

 

落合 下の5チームで潰し合いをしますから。

 

関口 そうかぁ。

 

落合 クライマックスシリーズがあるから尚更ね。

 

関口 見ている方もつまらないですよ。独走を許すというのはね。

 

張本 そうなんですよね。だから、2位以下は3位以内に入りたいと。クライマックスシリーズに出たいという気持ちが強いんじゃないの。

 

関口 うん。

 

張本 広島は届かないと思うんだよね。他の球団には決め手がないからね。

 

関口 そうですか。

 

落合 ただ、見ているとね。

 

関口 うん。

 

落合 広島って強いと思います?

 

関口 思います。

 

落合 思う?

 

関口 うん。

 

落合 我々が見ていると、強さのない強さってあるんですよ。

 

関口 それはどういう?

 

落合 強いとは思わないんだけども、ゲームが終わったら1点2点負けている。広島が勝っている、そういう野球なんだろうと思います。

 

関口 それはチームワークなんですか?

 

落合 何なんでしょうね。まあ、何人かが故障をしても、それに替わる選手が出て来ているということなんでしょうね。

 

関口 層が厚い?

 

落合 えぇ。

 

関口 そういうことか。

 

落合 それと、外国人にそんなに頼ってないでしょ。今、現在ね。

 

関口 それもありますか。

 

落合 ただ、これからの2位から6位の5チームは外国人選手次第ですよ。

 

関口 そうですか。

 

落合 これから来年の契約のことがありますから。

 

関口 なるほど。

 

落合 彼らは7月から9月は強いですよ。

 

 

以上です。

落合はまだ分からんと言ってますけど、ほとんど決まっていますよね。張本の言う通り、下位5球団は決め手がないですからね。

おすすめの記事