2018年6月17日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のボストンレッドソックス戦で8回途中まで無失点の好投で勝ち投手となったシアトルマリナーズの苦労人ウェイド・レブランク33歳についてメジャーで活躍した小宮山悟がフリーアナウンサーの上田まりえと共に分析しています。

 



【この日のレブランクの投球内容】

7回2/3、被安打2、奪三振9、与四死球0、失点0

今季3勝0敗 防御率2.63 (6/17の試合終了時点)

 

【試合後のレブランクのコメント】

レブ (3年前まで日本でプレーしていてメジャーに這い上がってきたことについて)神様のおかげだよ。努力し続ければ必ず報われるんだよ。ここまで来るのに随分と時間が掛かった。この球場の雰囲気は最高だ。こんな素晴らしいファンの前で投げたことはない。今日は最高だったよ。

 

 

アナ マリナーズのレブランク選手の好投でレッドソックスに連勝です。解説の小宮山さん、インタビューも感動的でしたね。

 

小宮山 良かったですね。苦労してきただけに今日のピッチングも神様のおかげだみたいな事を言っていましたけど、報われて良かったなと思いますね。

 

アナ ピッチングはどのあたりが良かったんでしょうか?

 

小宮山 球の速さはそこまでないので、とにかくコントロールが良くて、しっかりと両コーナーを突いてというピッチングになるんですけども、今日はそれが出来ていたので変化球も含めてイメージ通りにボールが投げられたんじゃないかなと思いますけどね。

 

アナ はい。

 

小宮山 ボールで言うとバッターからするといつでも打てるようなボールなので打席の中でそこまで怖いボールが無いだけに余裕があると思うんですけど、際どいコースに投げられていたということで。右肩が開くのを極力我慢しながら最後にクルっと回って投げられているので、打ちにくいボール、見にくいボールということなんですけども。基本的に速さも大事なんだけど、一番大事なのはコントロールです。

 

アナ はい。レブランク投手についての経歴です。

 

【レブランクの経歴】

2008~2011パドレス
2012マーリンズ
2013マーリンズ/アストロズ
2014エンジェルス/ヤンキース
2015埼玉西武ライオンズ
2016マリナーズ/パイレーツ
2017パイレーツ
2018マリナーズ

 

アナ 2008年にメジャーデビューした後、10シーズンで7球団に所属しています。

 

小宮山 はい。忙しいですね。

 

アナ そのうち2015年には日本の埼玉西武ライオンズでプレーしているんですよね。

 

小宮山 こうして色んなチームに行きながらでも、出番があって投げたりしていたのを考えると、使う側からするとコントロールが良いピッチャーなので重宝がられていたと思うんですよ。ただ、そこで定着できなかったのは何かしらの理由があったと思うんですけど、本当にマリナーズにピタッとハマって非常にいいピッチングを続けられているので、いい形での今シーズンなので、今後もチーム状態がいいだけに期待したいですよね。

 

アナ こういった選手がチームの勢いを加速させそうですよね。

 

小宮山 そうですね。

 

 

以上です。

この投手知りませんでした。ウィキペディアによると。『Youは何しに日本へ?』に出ていたらしいです。

おすすめの記事