2018年6月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で先発し1ヵ月ぶりの勝利で6勝目をあげたオリックスバファローズの田嶋大樹について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日の田嶋の投球内容】

7回101球、被安打2、6奪三振、四死球2、失点1

今季6勝3敗 防御率3.86 (6/17の試合終了時点)

 

 

アナ オリックスが快勝です。田嶋投手が6勝目をマークしました。

 

岩本 はい。自己最多の9三振ですか。

 

アナ はい。

 

岩本 江本さん、今日は持ち味が出ていましたよね。

 

江本 いやぁ、真っ直ぐが速いし、変化球も効果的に投げてくるしね。

 

岩本 前回の登板(6/10の神宮戦)では雨の中で苦しんでいたんですよね。

 

江本 しかし、右打者へ真っ直ぐなんてなかなか手が出ないでしょ。

 

岩本 はい。あの柔らかい腕のしなりから右バッターのインサイドですよね。

 

江本 あれは左ピッチャーにとっての一番の特徴だしね。

 

岩本 豊さん、左バッターから見てどんな感想をお持ちですか?

 

高木 やっぱり、高めを投げてバンバン空振りさせていたじゃないですか。

 

岩本 はいはい。

 

高木 あれ相当速く感じていますよね。じゃないと、あれぐらいの高さは見逃しますもんね。だから、かなり球がきていますよね。

 

岩本 あの腕の振りがバッターのタイミングを合わさせないんですかね。

 

高木 やっぱり左ピッチャーだと威圧感があるでしょうね。横から投げてくるし。ランディ・ジョンソンみたいな感じですよ。

 

岩本 おぉぉ。ランディ・ジョンソンですか。

 

アナ 新人王も見えてきましたね。

 

岩本 ナイスピッチングです。

 

 

以上です。

田嶋はやっぱり凄いルーキーです。あの腕の振りからの剛速球ですから絶対に打ちにくいですね。ランディ・ジョンソンに例えられていますけど、さすがに言い過ぎなような気がします。

おすすめの記事