阪神・木浪は開幕スタメンあるか 片岡篤史が語る 2019年3月11日

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2019年3月11日に関西テレビで放送された『報道ランナー』で阪神タイガースの木浪聖也は開幕スタメンに名を連ねる可能性はあるかを元阪神の打撃コーチの片岡篤史が関西テレビアナウンサーの新実彰平と共に語っています。

アナ (3月11日時点で)連敗中の阪神ですが、明るい話題です。こちらです。

モニターに下記のように映される

ドラフト3木浪聖也

スタメン4試合連続ヒット中

オープン戦 7試合 打率.389 打点2

アナ 木浪選手スゴいですね。勢いが止まりません。昨日(3月10日)もタイムリー3ベースを打ちました。木浪選手の開幕スタメンなんですが、片岡さんならどうしますか?

片岡 まだこれから10数試合ありますんで、木浪がこの調子のままで、北條や鳥谷があまり状態が上がらない場合。

アナ はい。

片岡 ヤクルトとの開幕カードで投げるブキャナン・小川という右ピッチャーが予想されますので、この状態が続くならあり得るかもしれませんね。

アナ サードも守れますもんね。

片岡 まあどこでも守れますんで、そこまで木浪の状態、また評価が上がってきたということですね。

アナ 2週間前にご出演して頂いた時に、矢野監督の高評価もお伝えしたんですけど、またこの2週間で評価は上がりましたか?

阪神タイガースの元コーチの片岡篤史が新外国人助っ人のマルテとドラフト3位ルーキーの木浪聖也のキャンプでの評価について語っています。

片岡 大体バッターというのは2週間から長くても3週間で調子の上がり下がりが来るんですけど、まあ木浪の場合はキャンプからずっといいですからね。

アナ 確かに。キープしてますよね。

片岡 ある程度、1軍のローテーション投手と対戦しても、新人らしからぬと言いますかね。

アナ はい。

片岡 全てのボールに対応できてますんで楽しみですよね。

アナ これは楽しみです。

以上です。

このままの状態なら開幕スタメンショートもありますね。