2018年8月21日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で1軍に復帰し3ヵ月ぶりのスタメンでいきなり第2号ホームランを打った北海道日本ハムファイターズのドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎について元横浜の平松政次、同じく元横浜の高木豊、同じく元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の清宮の打撃内容】

1打席目 セカンドゴロ

2打席目 キャッチャーファールフライ

3打席目 ライトホームラン (打点2)

4打席目 四球

 

 

アナ 日本ハムはこれで3連敗ということで。

 

高木 そうですね。チームが全体的に調子を落としていると思うんですけど、その中でドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎です。

 

アナ はい。

 

高木 野村さん、起爆剤になってくれるかということで、今日はじっくりと彼を見ていたでしょ。

 

野村 はい。

 

高木 確実に良くなっていますよね。

 

野村 そうですね。タイミングの取り方がドッシリとしていて、体が大きくてもともと雰囲気を持っている選手だったじゃないですか。

 

高木 そうですね。

 

野村 そんな中でも懐が深くなったような感じがしますね。

 

高木 そうですねぇ。

 

野村 はい。

 

高木 平松さん、僕は今日見ていて、あまり無駄にボールを追い掛けなくなったんですよね。

 

平松 ほー。

 

高木 それで、狙い球を絞って打ちにいくという。

 

平松 うん。

 

高木 ホームランバッターがこれをやり出すとピッチャーは困りますよね。

 

平松 ですよね。あと、ルーキーと言っても、もう打席内で落ち着いていますよね。

 

高木 はい。

 

平松 高木さんがさっき言ったように、打たなきゃいけないとボールを追い掛けるというのがなくなりましたね。

 

高木 5月に1軍でやっていた頃を見ていると、何でもかんでも振っていて、追い込まれるのが早かったんですけどね。

 

平松 うん。だから、今日のバッティングなんかは本当に理想的なバッティングでね。

 

高木 そうですね。

 

平松 もちろん、腕の畳み方は天才的なものを持っているんで、これからやるんじゃないかと思いますね。

 

高木 なるほどね。まあ、起爆剤になってくれればね。日本ハムがちょっと調子を落としているだけにね。

 

アナ そうですね。

 

高木 頑張ってほしいと思います。

 

 

以上です。

とうとう1軍にも適応し出したという感じですかね。2軍ではボンボン打ちますからね。

おすすめの記事