2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」でオリックスバファローズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ オリックスは椋木を単独指名しました。

 

西尾 椋木選手の単独指名はちょっとビックリしました。まあ、あるかもなとは思ってましたけど、スカイAの特番でやった仮想ドラフトではベイスターズが椋木を獲得したんですけどね。

 

アナ はい。

 

西尾 でもいきなりの指名があってもおかしくない選手ですよね。

 

アナ オリックスは野手陣もアラサーぐらいに脂の乗った選手が多いんですけど、それでも先発ローテ候補をまず1位指名したと。

 

西尾 先発よりもリリーフタイプじゃないですかね。

 

アナ そうですか。

 

西尾 抑え候補だと思いますけどね。

 

アナ ポスト平野。

 

西尾 チームに入ってみて、どうなるかは分からないですけど、どっちで早く出てくるかで言ったらリリーフだと思いますけどね。

 

アナ 本当に若くて球の速い選手がいるんですが、もうひとつ定着というところでは競争中というリリーフ陣ですので、新しい選手が加わりましたね。

 

西尾 そしてその後の2位から5位までは野手が並んだんですけど、みんな特徴がありますよね。長打力や肩や足や守備という。

 

アナ なるほど。2位の野口選手は鳴門渦潮高校から関西大学という経歴なんですけど、彼はオリックスジュニア出身の選手なんですよね。

 

西尾 去年のドラフト3位の来田選手もそうですよね。

 

アナ そうですね。

 

西尾 縁がありますよね。

 

アナ アマチュア球界ナンバーワンの肩の強さを誇るショートという事で。

 

小関 紅林がショートに定着しかかってるから、野口をどうするのか。

 

西尾 今は三遊間がいいですからね。その辺では競争ですかね。まあ野口選手は外野もやってましたから、そっちでの挑戦もあるかもしれませんね。

 

アナ はい。4位の渡部選手の紹介プロフィールでは1塁駆け抜けが3.7秒です。

 

西尾 スピードがありますね。

 

アナ ちなみに5位の池田陵真選手もオリックスジュニア出身の選手ですね。やっぱり若い時から目星を付けてたんでしょうね。

 

小関 6位横山と7位小木田はリリーフタイプでしょうね。

 

他球団の評価はこちら

 

特徴のある指名でした。
おすすめの記事