2019420日にMBSテレビで放送された阪神タイガースVS読売ジャイアンツの中継で巨人の4番岡本和馬について金本知憲、新井貴浩、槙原寛己が語っています。

 



岡本が打席に入ってから話が始まります

 

アナ 金本さん、この岡本をライバルチームの監督としてどう映っていましたか?

 

金本 まあ、とにかく振る力が素晴らしいですしパワーもありますからね。

 

アナ はい。

 

金本 でも、意外とバッターとしての頭がいいんですよね。狙い球の絞り方とか、やられた球を次の打席で打ち返すとかね。やっぱり一番は真っ直ぐに強いですね。

 

アナ 金本さんは監督就任以降に「バッターというものはストレートに強くないといけないんだ」というお話をされていましたよね。

 

金本 はい。

 

アナ 槙原さんも岡本と接していて、頭の良さ、研究熱心さを感じることはありますか?

 

槙原 そうですね。やっぱり大人になったなという感じがするんですよね。

 

アナ はい。

 

槙原 やっぱりグラウンドで会うと、下半身のドッシリぶりが物凄いですよ。金本さんなんかもスゴい体を鍛えて大きくなったと思うんですけど、岡本選手の下半身は実際に見るとビックリしますね。

 

アナ 象みたいな筋肉であると言われてますよね。

 

金本 ハハ()

 

槙原 もう新聞紙上でも出てますし、今日それで実際に見てみたんですけど、それを感じるし「シーズンに入ってまた大きくなったな」と言ったりしてね。「そうなんですよ」って言ってましたね。

 

金本 あの下半身はスゴいです。

 

槙原 パワーの源ですね。

 

金本 これでまたそこそこ動けるんですよね。

 

アナ はい。新井さんはこの岡本についてはどんな印象でしょうか?

 

新井 昨年の成績というのが自信になったんじゃないでしょうか。また今、お話にもありましたけど、体も一回り、二回りぐらい大きくなって、今年は逆方向へのホームランというのもスゴいですよね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

あそこまで足を太くなるのも天性のものでしょうね
おすすめの記事