2018年6月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.日ハム戦で先発し3勝目をあげた東京ヤクルトスワローズの小川泰弘について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。後半には復帰した山田哲人についても語っています。

 



【この日の小川の投球内容】

6回109球、被安打8、奪三振6、四死球0、失点1

今季3勝2敗 防御率3.14 (6/17の試合終了時点)

 

 

アナ 今日の試合いかがでしたか?

 

岩本 私は札幌ドームで解説やらせてもらっていたんですけど、やっぱり試合の中でゲームを作る人、ピッチャーですね。

 

アナ はい。

 

岩本 ライアン小川の丁寧なピッチングというのが、まあ際立っていて左バッターにはカットボールを自信満々に投げ込み。そして決め球でもコントロールがブレない。変化球が低めに等々、スゴくクオリティの高いピッチングに見えたんですけど、江本さん。

 

江本 まあ、いい時のピッチングですよね。一番特徴があるというかね。

 

岩本 はい。

 

江本 高めの伸びのあるストレートに変化球を両サイドに決めて、大きなフォームから落ちてくるボール。このコンビネーションが今日は良かったんじゃないですか。

 

岩本 ランナーを抱えてもランナーを抑えるけん制で投げるだけじゃなくて目で抑える仕草もポーカーフェイスでけっこうなマウンドの支配力だったんですよねぇ。

 

江本 うん。ちょっと間合いが長いけどね(笑)

 

岩本 はい(笑)

 

江本 だから、バッターもタイミングが取りづらいところもあったでしょうね。

 

岩本 豊さん、小川の投球はどうですか?

 

高木 やっぱり一言で言えば丁寧ですよね。

 

岩本 はい。

 

高木 もうその一言で、自分の力もある程度は把握しながら、まあ、一時期は真っ直ぐでバンバン押していた時期もあったんですけど。

 

岩本 そうですね。

 

高木 だけど、変化球を上手く使えてたりね。工夫が見えますよね。

 

岩本 はい。そこに今日は山田も帰って来てるんですよ。

 

高木 はいはいはい。

 

岩本 いきなりいい当たりでヒットも打っていましたけど。

 

【この日の山田の打撃内容】

三ゴロ 中安 左安 空三振 四球

 

高木 そうですね。今年は調子が上がってからは安定していますからね。まあ、足は使える。守備も安定する。バッティングではもちろん期待も出来るということで。

 

岩本 守備でも今日はいいプレーをしていたんですよね。

 

高木 うん。だから、そういう意味では本当に厚みが相当増しますよね。

 

岩本 はい。まあ、交流戦で好成績を残したチームはペナントレースでは秋に優勝争いをしていることが多いですからね。

 

アナ はい。最高勝率おめでとうございます。

 

 

以上です。

エースの小川が帰ってきて、山田も復帰で役者が揃ってきた感じがありますね。

おすすめの記事