2018年6月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.ロッテ戦の1点勝ち越している場面で登板し一気に2点取られてサヨナラ負けを喫した読売ジャイアンツの抑え投手カミネロについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日のカミネロの投球内容】

0回1/3、17球、被安打3、四死球1、失点2

今季1勝1敗10S 防御率5.19 (6/17の試合終了時点)

1アウトしか取れずサヨナラ負けを喫する

 

 

アナ ロッテが劇的なサヨナラ勝ちを収めました。豊さん、カミネロ投手がちょっと気になりますか?

 

高木 そうですね。お二人(この日に共演している江本と岩本)はピッチャーなんで江本さんには特に聞きたいんですけども、1点差じゃないですか。

 

江本 うん。

 

無死でヒットのランナーを出して次の打者がバントの構えでしたが

その打者に対して警戒しまくった挙句に四球を出してしまう

 

高木 これ1アウト取った方が楽なんじゃないかなって。

 

江本 そうなんですよ。そうなんだけど、このピッチャーはストライクが入らないんですよ。

 

高木 フフ(笑)

 

江本 だから、バントもさせられないんだよね。時々、巨人戦で解説をしていてカミネロが出て来る時に思わず言ってしまうのが「うさぎ跳びでもしろよ」って。足腰鍛えてよ、もうちょっとみたいな。

 

高木 なるほど(笑)

 

江本 要するに腕だけで投げていて、それでいて腹筋も弱そうだしね。

 

高木 うーん。

 

江本 まあ、本当は体が強いんでしょうけど、もうちょっと体に締まりがないとストライクも安定しないですよ。

 

高木 ガンちゃんはどう思う?

 

岩本 ランナーを抱えてバントをさせる時にピッチングフォームも全て変わりますよね。

 

高木 うん。変わるよね。

 

岩本 はい。そういうのってバッターからすると隙に見えると思うんですよ。そういった弱さ、隙を見せた時に完全に飲み込まれたカミネロが終始苦しんだと思うんですよね。

 

高木 うーん。これ状況的に考えると、マウンドにいる時に1点差でランナー1塁で1アウトを確実に取ろうなんて思わないんですか?

 

江本 いやいや、それは当然そう思うんだけど。

 

高木 セカンドで刺したいみたいな感じで投げてからチャージしていますけど。

 

江本 それはバントは崩してやろうという気持ちで投げているんだけど、そういうストライクを入れるかどうかっていうところが基本的にカミネロはダメだから。

 

 

以上です。

エモやんから見るとカミネロはあまり体が締まっていないようです。まあ、コントロールもガタガタで隙があるとガンガン来るのがロッテなんですよね。

おすすめの記事