2018年9月23日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦で先発し、6回途中を1失点に抑えて好投を見せた横浜DeNAベイスターズの石田健大について元近鉄西武の金村義明、元日ハムの岩本勉、元ロッテの里崎智也がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



【この日の石田の投球内容】

5回1/3、89球、被安打3、奪三振2、四死球3、失点1

今季21試合3勝7敗 防御率4.98 (9/23の試合終了時点)

 

 

アナ カープに敗れたDeNAは石田投手が久々に先発マウンドに立ちましたが。

 

岩本 そうですね。今シーズン、色んな役割を担う事になった石田ですけども、立ち上がりから5回まで1安打ピッチングなんですよね。金村さん、これは調子がいいと捉えるのかどうなのかなんですが。

 

金村 はい。

 

岩本 まあ、石田は左腕の強いピッチャーですよね。今日のピッチングで彼が帰って来た先発ピッチャーと捉えていいと思いますか?

 

金村 まあまあ涼しくなってきましたしね。今年苦労してまたし、カープ打線も変なプレッシャーを感じている中での好投ですけども、徐々にですけど力通りのピッチングが出来るようになってきたということでしょうね。

 

岩本 なるほど。里崎さん、マウンド上での表情を見ていると、自分に自信を持って投げ込んでいるのか、まだ何かを模索しているのか、どっちに映りましたか?

 

里崎 今日はいい感じに投げていたと思いますよね。コントロールも良かったですし、丁寧に慎重に緩急も付けて、しっかりと制球力もあったんで、僕は良かったと思いますけどね。

 

岩本 まあ、短期決戦に出場を目指している各チームですけども、DeNAにとっては左腕の石田にはもっと調子を上げてほしいですよね。

 

里崎 そうですよね。だから、左腕で言えば石田、今永、濱口といったところが今後調子を上げていかないと、クライマックスシリーズを出たとしても乗り切るのは厳しくなってくるんで、今日の石田の好投はチームにとっては明るい材料でもありますよね。

 

岩本 石田にとってはいいキッカケになったと。

 

里崎 はい。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

先発として期待されながら裏切り続けましたがようやく安定したピッチングができるようになってきたのかもしれません。

おすすめの記事