2019516日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2016』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し81失点で5勝目をあげた福岡ソフトバンクホークスの高橋礼のピッチングについて元中日の谷沢健一、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元中日の井端弘和がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



 

この日の高橋の投球内容

8110被安打5 奪三振2 四球0 失点1

50敗 防御率1.89(5/16の試合終了時点)

 

 

高橋のヒーローインタビューの一部

高橋 中村選手にホームランを打たれたのがインコースを狙った真っ直ぐだったので、次は投げ間違いをしないように厳しくシビアに攻めようと思いました。今回はなかなか点が入らない展開でも粘るピッチングができたので次もしっかりと粘りのピッチングをして必ず6勝目を手に入れたいと思います。

 

 

谷沢、井端、デーブの解説

稲村 高橋投手がこれで無傷の5連勝です。

 

大久保 はい。谷沢さん、この高橋は間違いなく勝てるピッチャーですね。

 

谷沢 去年は全然勝てませんでしたけど、侍ジャパンにも選ばれたピッチャーですよね。

 

大久保 そうですね。

 

谷沢 ピッチングの攻め所がうまいですよね。受けるキャッチャーにもよると思うんだけど。

 

大久保 はい。

 

谷沢 西武の右バッターは肩口からのスライダーとかカーブを狙ってるんですよね。だから、その狙いを逆手にとってインサイドにシュート気味の速いボールを投げていて効果的でしたよね。

 

大久保 なるほど。

 

 

谷沢 そして左バッターに対してはアウトコースの低めですよね。低めのボールで引っかけさせる。

 

大久保 なるほど。

 

谷沢 秋山なんかはセカンドゴロがあったし、源田はレフトの方には打ったけども、なかなか芯で捉え切れていない。

 

大久保 井端さん、右バッターで高橋礼を攻略するなら?

 

井端 僕は目付だと思います。

 

大久保 はい。

 

井端 やっぱりアンダースローになるとインコース真っ直ぐを引っ張った方がいいと思うんです。

 

大久保 押っつけにいかずに。

 

井端 押っつけていくと右方向に凡打になると思うんですけど、中村選手がホームラン打ったのも、山川選手がレフトにヒットを打ったのも引っ張りにいってるんで、そこから曲がってくるスライダーを打てばいいと思うんですけど、スライダーが真ん中から曲がってくると逆にボールになると思うので。あんまり真ん中っていうか、インサイドいっぱいぐらいを打つ。

 

大久保 通常バッターは真ん中から外目に目付しますけど、右バッターは逆にインサイドに目付する。

 

井端 そうですね。だから左バッターは反対方向で、右バッターは引っ張りが攻略じゃないかなと思います。

 

谷沢 だから肩口からのスライダーとインサイドの真っ直ぐをうまく切り替えて右バッターは対処しないといいようにやられちゃう。

 

大久保 だって5勝のうち3勝はライオンズからですからね。

 

谷沢 そうそう。

 

 

以上です。

途中からは高橋対策の話でした。
おすすめの記事