2019516日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2016』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で勝利したもののミスが重なりよくないところが目立った中日ドラゴンズの今後の浮上のポイントについて元中日の谷沢健一、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元中日の井端弘和がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 今日は攻守に渡りミスが出ていました。

 

大久保 2回の攻撃と3回の守備なんですけどね。

 

問題シーン1
中日1点リードの2回表 一死1-3塁
バッターの加藤はセーフティスクイズをするがプッシュバントをするような形でバントをし空振り。その時に3塁ランナーの高橋周平は思わず飛び出しかけてキャッチャーが3塁へ送球するがギリギリのセーフ。

 

大久保 井端さん、これどうなんですかね?

 

井端 このバントの形はどちらかと言うと、ランナーがいない時にやるプッシュバントの形ですよね。これランナーがいるんでね。加藤はちゃんとバントを決めてから走るぐらいの気持ちでいいのかなと思いますね。

 

問題シーン2
問題シーン1に続く場面で中日はエンドランをかけるも加藤が空振り三振。1塁ランナーが挟殺プレーで挟まれる間に3塁ランナーの高橋周平が飛び出して、挟殺プレー中に3塁にボールが送られ高橋はタッチアウト。結果的に1塁ランナーが2塁に進塁し2アウト2塁となった。

 

井端 そしてエンドランですよね。加藤は何とかしようとして、引き付け過ぎたというか、ゴロを打とうとしてだいぶボールの上を叩こうとしているんでね。

 

大久保 谷沢さん、バントにしてもエンドランにしても練習はしていると思うんですよ。

 

谷沢 そうだよね。セーフティスクイズにしてもバットが上から下でしたからね。そりゃ空振りするよね。でもああいう空振りを見ると、次にエンドランのサインは普通出しにくいよね。

 

大久保 出しにくいですよね。その不安通りに加藤はエンドランで空振りしちゃったんですよね。

 

谷沢 ()

 

大久保 加藤という選手は真面目過ぎるんじゃないですか?

 

谷沢 まあ1軍での経験があまりないですからね。肩がいいから使われているんだけど。

 

大久保 そうですね。

 

谷沢 まあバッティングの対応力はまだまだ経験不足ですね。

 

大久保 練習をするだけして頑張れってことですね。まあなかなかないセーフティスクイズの空振り。

 

井端 昔あった偽走スクイズで1塁ランナー盗塁とかがありましたけどね。

 

問題シーン3
3回裏 中日1点リード 一死ランナーなし
DeNA神里が打った左中間のシングルヒットの当たりをレフトの福田とセンターの大島がお見合いしてしまいモタモタしている間に神里は2塁へ進塁。

 

稲村 そして3回の守備でもミスが出ました。

 

大久保 谷沢さん、ゴロのお見合いってなかなか見れないプレーです。

 

谷沢 やっぱりセンターが外野の中心ですから、大島がもっと積極的に出ていかないとね。

 

大久保 レフトの福田はそんなに守備が得意じゃないですもんね。

 

谷沢 レフトをどかせるほど大島が積極的に行くべきだと思う。

 

大久保 そうですね。

 

 

以上です。

バタバタしまくってました。
おすすめの記事