2019516日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2016』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で決勝タイムリーとなる先制の2塁打を放った北海道日本ハムファイターズの4年目・平沼翔太(※敦賀気比で優勝投手)を元中日の谷沢健一と楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の平沼の打撃内容

1打席目 センター前ヒット

2打席目 ライトフライ

3打席目 ライト2塁打(打点1)

4打席目 フォアボール

シーズン打率.250(5/16の試合終了時点)

 

 

平沼のヒーローインタビューの一部

―タイムリーについて

平沼 なかなか1点が遠い試合展開で先輩がしっかりとチャンスを作ってくれたので積極的にいきました。今日は母が見に来てくれているので(初ヒットを)打てて良かったと思います。

 

―ホームランまであと数センチの当たりだった

平沼 筋トレします。

 

 

谷沢、デーブの解説

稲村 お母さんの前でタイムリーを打てたということで良かったですけどあと一歩でしたね。

 

大久保 谷沢さん、この平沼はバッティングがいいですね。

 

谷沢 パワーがあるね。足を上げて体重移動がスムーズ。軸足に乗せて前足に移っていく。それでも軸が崩れないというね。

 

大久保 はい。

 

谷沢 甲子園の優勝ピッチャーですしね。敦賀気比高校ですよね。

 

大久保 楽しみな選手ですよね。日本ハムは若い選手が出てきますよね。

 

谷沢 近藤という手本となる左バッターがいますんでね。

 

稲村 次はプロ初ホームランを期待しましょう。

 

大久保 はい。

 

 

以上です。

4年目なんでこれからこれからどんな選手になるんでしょうか。
おすすめの記事