201946日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で先発し62失点の好投で2年ぶりのプロ入り2勝目をあげた広島カープの床田寛樹について元横浜の斎藤明雄、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日の床田の投球内容

6111被安打5 奪三振6 四球2 失点2

今季11 (4/6の試合終了時点)

 

 

試合後の床田のコメント

床田 (リハビリ期間は)ツラかったんですけどこうやって1軍の舞台で勝てて本当に嬉しいです。

 

 

斎藤明雄 笘篠の解説

アナ カープ先発の床田投手が嬉しいプロ入り2勝目をあげました。実に2年ぶり、724日ぶりの勝利ということで。苫篠さんはこの床田投手を非常に注目されてるらしいのですが。

 

苫篠 そうですね。やっとカープにとって日本人の左のローテーションピッチャーということでね。緒方監督が就任したときから作りたいと語っていた中でようやく床田が出てきたんですけど。やっぱり床田も左肘を故障して投げられない時期が長かったんでね。その中でも今やれることは何かと考えて下半身の強化をしまして球速我上がりました。

 

アナ うんうん。

 

苫篠 左肘を怪我する前よりもプラスになって更に球速が増して、今度はチェンジアップが生きてくる。インサイドにスライダーを投げきることができてくる。コントロールも安定してきた。

 

アナ うーん。

 

苫篠 怪我をした時期にいい過ごし方ができたんじゃないかと思いますよね。

 

アナ なるほど。明雄さん、床田投手は笘篠さんがおっしゃられたように逆境をはね除けての復活です。

 

斎藤 そうですね。苫篠さんが言われたように怪我をして自分のピッチングを取り戻したという感じなんですけど、本来なら久々の勝利なんで5回の味方のエラーで点を取られたらズルズルといくところをしっかりカバーするピッチングができましたね。

 

アナ えぇ。

 

斎藤 それで自分のピッチングに自信を持ってる床田がいるんじゃないのかなと思いますね。

 

アナ はい。床田投手、久々の白星でした。

 

 

以上です。

左の先発は貴重です。
おすすめの記事