2019414日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で敗戦し開幕5カード連続の負け越しとなった広島カープについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に解説しています。

 



岩本 王者カープが5カード連続の負け越し。

 

アナ はい。

 

岩本 鈴木誠也にホームランが出たりして浮上のキッカケとなるかどうか。豊さんはどう見てますか?

 

この日の鈴木の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点1)
2打席目 空振り三振
3打席目 レフトヒット
4打席目 レフトフライ
シーズン打率.271(4/14の試合終了時点)

 

高木 うーん。鈴木が打てなくて打線が繋がらなかった。今日は鈴木が打ったけど前後が打ってないという。まあチグハグなんでしょうね。そういう流れをどっかで切らなきゃいけないんですけど、何か雰囲気が重いんですよね。

 

岩本 あぁ。なるほど。

 

高木 だから、例えば小園をサードで使うとか。

 

岩本 豊さんはよくそれを言われますよね。

 

高木 やっぱりあの子は勢いがありますよ。だからそういうので雰囲気を変えてしまった方がいいのかなっていう。

 

岩本 江本さんはこのカープの苦しみは予想されてましたか?

 

江本 予想してましたよ。

 

岩本 おっ。

 

江本 だって丸がいなくなったのに抜けた分の補強をしてないもん。

 

岩本 なるほど。

 

江本 これは最初から言ってた。まあ一応、今までの実績から考えて2位には予想してますけど、これは下手したら危ないですよ。

 

岩本 あら。

 

江本 Bクラスもあるかもしれない。よっぽど気合いを入れないと。

 

岩本 今は踏ん張りどころだということですね。

 

江本 だってピッチャーがいないじゃないですか。

 

岩本 あら!

 

高木 ピッチャーいないですねぇ。

 

江本 去年ぐらいからその兆候が出てたからね。

 

岩本 はいはい。

 

江本 それを立て直すのに補強しないと。広島もたまにはね。

 

高木 まあジョンソンがもう少ししっかりしてほしいよね。

 

岩本 まあ投打において苦しみがまだまだあるということですね。

 

高木 そうですね。

 

アナ でも厳しい状況でリーグ最多の6号ホームランを打ちました。

 

岩本 そうですね。なのでそれが光明となって前後の打者たちにいい刺激となれるかどうか。この当たりに注目ですね。

 

 

以上です。

噛み合わせがかなり悪くなってる感じです。

おすすめの記事