2019710vs読売ジャイアンツ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発はメッセンジャー、巨人の先発は今村信貴。試合は序盤からメッセンジャーがボロボロで1回に丸に先制ソロホームラン、2回に連打を重ねられ3失点。2回裏に打席に代打を送られ降板となる。阪神は相変わらずの貧打でしたが6回裏に大山の2塁打から続くマルテのタイムリーでようやく1点を返す。試合はここから動かず最終スコアン1-4-で阪神の負け。スカイAMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の敗戦コメント

24失点の先発メッセンジャーについて

矢野 立ち上がりはそんなに悪いとは思わなかったけども、こんな登板が続いているから、ローテーションにおけるメッセンジャーの位置づけをちょっとこれは考えてみなアカンかなぁ。

 

―メッセ降板後

矢野 中継ぎが頑張ってくれたからゲームができた。前半戦最後だから早めに代えようと思っていた。岩崎の3イニングはチームとしても多少相手にイヤなムードを与えられたんじゃないかな。

 

1得点の打線について

矢野 最初の失点で重くなったけど、それを言い訳にはできない。いつも言っている通りチャンスは作れるけども、一本が出ない。オールスターブレイクでやれることはやって、あと59試合の中で成長していかないと上には行けない。それを痛感した。

 

4番の大山について

矢野 やっぱり育てるという意味の4番でもあるんだけど、色んな重圧もある。4番とエースは結果。そういうところで認めてもらえるような結果を出すように後半も戦ってほしい。

 

―前半戦のチーム

矢野 先発陣は全般的にいいけども、やっぱりランディのところはもう一回考え直さないといけないな。

 

―ローテ再編で藤浪は候補か?

矢野 もちろん。これから考えていきます。

 

 

以上です。

とりあえず打てない。
おすすめの記事