2018年4月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs横浜DeNA戦で4打数3安打で打率.407と絶好調の中日のアルモンテについて元中日の谷沢健一が元日ハムの岩本勉と共に分析しています。

 



【この日のアルモンテの打撃内容】

左安、右安、右本(打点1)、遊失

シーズン打率.407(4/15の試合終了時点)

 

岩本 中日は4連敗で元気がないように見えますけど、アルモンテという選手が非常に好調を持続しているんですよね。スイッチヒッターとして残している数字も凄いんですが左右でも現時点で4割超えの打率なんですが谷沢さん、どうですか?

 

谷沢 もともと右打者で小学生の時にお父さんが左打ちもさせたそうです。右打席では上半身と下半身が一緒に動くんですよ。そして、左打席では非常にバットコントロール、手首の強さとか非常に柔らかい。だから、左打席の方がヒットメーカーですね。

 

【今季アルモンテの左右の打席の打率】

左打席 41打数17安打 3本塁打 10打点 打率.415

右打席 18打数7安打 1本塁打 5打点 打率.389

合計 59打数24安打 4本塁打 打点15 打率.407

 

 

岩本 左打席の方がヒットメーカーでアベレージタイプと。

 

谷沢 はい。右打席の方は上半身と下半身が一緒になって回る。その辺を補っていますよね。右では左にあるバットコントロールがあまりない。

 

岩本 でも、今日の左打席でインサイドのボールをスタンドまで運んだのはまさにバットコントロールでバットに乗せた一発ですよね。

 

谷沢 はい。やはり足を上げて、割りを作って、そして回転する。そして、バットのヘッドか非常に遅れてくるから、それだけバットスピードが上がってくる。

 

岩本 はい。まあ、1年間通してそのままの調子でいけばかなりの数字が期待できますね。

 

谷沢 まあ、あるんじゃないですかね。

 

 

以上です。

谷沢が活躍にお墨付きを与えました。中日は助っ人を獲得するのが上手いですよね。しかも4月から活躍するんですから大当たり助っ人ですよ。実は掛布も2月の時点でやるんじゃないかと言っていたのでアルモンテは実力者ですね。

おすすめの記事