2018年3月にTBSの「S-1」で放送されたもので日ハムのドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎とロッテのドラフト1位ルーキーの安田尚憲に元巨人の槙原寛己が聞いています。前半は清宮に後半に安田にインタビューしております。

 



【まずは清宮のインタビュー】

槙原 プロのピッチャーをどう感じていますか?

 

清宮 凄いんですけどもちろん。でも、打てないなと思うことはないです。

 

槙原 それを聞いて安心しましたよ。それでいいんですよ。

 

清宮 はい。

 

槙原 どうなんですか、性格的に三振しても「明日は明日」と思うのか引きずってしまうのか。

 

清宮 意識しないと引きずっちゃうかなと。高校の時も打てない時があったんでそういう時もありましたけど、しっかり切り替えようと意識しながらやっているんで。

 

槙原 打開策としては練習しかないんじゃない?

 

清宮 そうですね。

 

槙原 ちょっと手の平を見せてほしいんですけど…凄いことになってますね。

 

清宮 いえいえ。

 

 

【画面に清宮の手の平が映される】

槙原 今は苦労していますけど、このマメをもっともっと大きくしてホームランを見せてください。

 

清宮 はい。ありがとうございます。今のところは結果も出ていないですけど最終的には1軍の主力として戦っていたいなと思います。

 

槙原 頑張ってください。ありがとう。

 

清宮 ありがとうございます。

 

 

【ここから安田へのインタビュー】

槙原 凄い太もも太いんだけど何センチ?63とか64とか?

 

安田 いや、67か68。

 

槙原 もっとあるのか。ちなみにどの筋肉が自慢?腹筋はシックスパックある?

 

安田 いやーそれは全然ですけど。まあ、ケツまわりとかは人より大きい。

 

槙原 お尻か。(安田のヒップは112センチで同時期の松井秀喜は105センチというデータが画面に表示される)

 

 

【ここからプロ入りして響いた言葉について】

槙原 ロッテでは英才教育を受けていますけど心に響いた言葉はある?

 

安田 「お給料は我慢料や」といつも言われているんですけど「どれだけ我慢出来るかがプロでどれだけ稼げるかだ」といつも言われていて。

 

【その言葉の主は和田一浩、西岡剛、城島健司を育てた金森打撃コーチ】

金森 やっぱりこのマリンスタジアムでホームラン30本を打った日本人が今まで1人もいないのでそうなってもらいたいです。ロッテマリーンズを支える。また、日本を代表するバッターになってもらいたいなと思いますね。

 

 

【再び安田と槇原の対談が始まる】

安田 本当にこれからも「逃げたいな」とか「楽をしたいな」と思う時にしっかり我慢してやっていきたいなと。

 

槙原 そうすると我慢料(給料)が貯まると。

 

安田 そうですね。

 

槙原 将来の理想像は?

 

安田 松井秀喜さんが憧れというか目標にしている選手です。自分が持っているイメージでは松井さんはライナーで強烈に飛ばすっていうのがあって。やっぱり、そういったバッターになりたいなと。

 

槙原 彼も1年目はオープン戦で1割打っていませんから。(松井の1年目オープン戦打率.094、安田は.077)

 

安田 はい。

 

槙原 何も心配いりません。20三振していますから。ちょっと安心しました?(笑)

 

安田 はい。安心しました(笑)

 

槙原 フフフ(笑)

 

安田 まずはプロの一軍に通用する実力をつけて千葉ロッテマリーンズの優勝に貢献出来るような選手になっていきたいと思います。

 

槙原 マリンスタジアムの場外に出るような一発打ってくださいよ。

 

安田 そうですね。そういった一発を打てるように頑張っていきたいと思います。

 

槙原 はい。ありがとうございました。

 

安田 ありがとうございました。

 

 

以上です。

清宮、安田とどちらもチームの期待を大きく背負ったドラフト1位ルーキーなんで必ず成長してほしいと思います。

おすすめの記事