2018年4月18日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs広島戦で終盤に拙守・拙攻が目に付いたヤクルトに元巨人の松本匡史と元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に喝。

 



稲村 今日の負けでヤクルトは3連敗です。

 

野村 ちょっと気になったシーンが2つあったんですけど、1つは7回裏カープの攻撃での場面。

 

【7回裏二死1塁の場面で】

野村 広島にスチールを決められてキャッチャーはウエストしてのセカンドへ悪送球でセンターがカバーするけどそれも抜けていくわけですから。

 

稲村 はい。

 

野村 これで1点ですよね。やらなくてもいい1点をやってしまうし。

 

稲村 はい。

 

野村 そして8回表で2アウトランナー1塁で打者バレンティンの場面ですけど。これ4'番バッターですよね。どうするかなと思ったらランナーが盗塁をして余裕のアウトになってしまうという。このへんのヤクルトのチグハグさを松本さんはどう見ますか?

 

松本 まず守備の方ですけど、センター青木のポジショニングですよね、カバーリングといいますか。

 

野村 はい。

 

松本 あそこまでハズレることはないと思うんですけどね。(普通なら誰でもカバーできそうなのですが青木はダイビングキャッチを試みてもカバーできなかった)

 

(続けて)

 

松本 普通に前に出てくればね。青木もだいぶショート寄りにカバーにいっていましたよね。本来はショート寄りのところに悪送球がいくことはないですからね。2塁ベースの後ろぐらいにいるはずなんですど。

 

 

野村 金村さんはどうですかね。

 

金村 ちょっと青木はバッティングも開幕してからずっと4番打っていたので疲れているのかなという気がしますよ。

 

野村 うーん。

 

金村 それとショートの廣岡の若さが出たなと。あれだけキャッチャーの送球が逸れるとタッチにいったところでセーフですよ。だから、しっかりジャンプしてボールを捕らなきゃ。VTRを見ても夢中でタッチにいってるでしょ。だから、タッチも空振りのような格好になってますしね。

 

野村 だから、逆に外野も捕りにくかった部分もあるということですね。

 

金村 そう。ちょっとグラブにカスってボールのラインが変わったような感じもしないでもないですけどね。ただ、青木は疲れていますよね。

 

野村 最後は飛び込んでカバーしましたけどね。

 

金村 バッティングも自分がチームを引っ張らなきゃいけないところで引っ張れないというのでね。ちょっと休み休みでいった方が良いかもしれないですね。

 

【ここから拙攻について 8回表1点差で二死走者1塁で打者バレンティン】

野村 はい。一方、攻撃なんですけども、8回のバレンティンの場面。1点差まで追い上げたところでのこの盗塁で得点圏に進めたいのも分かるんですけども。

 

松本 これは多分サインで走っていると思うんですけど、やはり自分なりに良いスタートかどうかを判断しないといけませんよね。バッターが4番ですからね。

 

野村 松本さんは足のスペシャリストですから、走るなら絶対に盗塁を決めなきゃいけない場面ですよね。

 

松本 まあ、走るのであれば100%成功するつもりでいかないといけないですよね。

 

野村 はい。

 

松本 スタートが遅れたら、そこで止める勇気も必要なんですね。

 

野村 なるほどですね。それでここで走ってしまったというところにもミスになってきますよね。

 

松本 そういうことですよね。

 

野村 金村さんはどうですかね?

 

金村 全く仰る通りで、いくらサインでも止まらなきゃいけないですよね。あれだけ完璧なアウトのタイミングですからね。これは勿体ないですよね。

 

野村 ヤクルトはしっかり追い上げたんですけど、勿体ないところでのミスで今日で3連敗ですか。

 

 

以上です。

ヤクルトは攻守で綻びが目立ち始めているのかもしれません。気を引き締めないと駄目ですね。

おすすめの記事