2018年9月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で6打数6安打で3ホームランを放った阪神タイガースの大山悠輔についてヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの横山和正と共に語っています。

 



【この日の大山の打撃内容】

1打席目 レフト前ヒット (打点1)

2打席目 レフトホームラン (打点1)

3打席目 レフトホームラン (打点2)

4打席目 レフト前ヒット

5打席目 センター前ヒット

6打席目 レフトホームラン (打点3)

 

【大山のヒーローインタビューの一部】

大山 (先制タイムリーについては)先取点は本当に大事だと思ったので、同級生の晋太郎が先発でしたし、同い年の僕が助けてあげたいなと思って打席に入りました。勝ったことが一番なので、まずはそこで喜びたいと思います。目の前の一戦一戦をしっかりと戦って、勝つことだと思うので、明日も応援よろしいお願いします。

 

 

アナ 見事でしたよね。

 

真中 見事でした。

 

アナ 何年ぶり、何年ぶりっていうのが全部で8つもあるんですよ。

 

真中 はい。今日の大山なんですけども、1打席目は抜けたチェンジアップを先制タイムリーですよね。

 

アナ うんうん。

 

真中 3番としての仕事をしっかりと果たします。

 

アナ はい。

 

真中 そして2打席目は高めに浮いたストレートをレフトスタンドにホームラン。これも見事でしたよねぇ。

 

アナ 逃しませんでしたね。

 

真中 よく振れています。

 

アナ そして、3打席目はこのイニング2回目のホームラン。

 

真中 これも同じような角度で上がったんですけども、これが3本目の安打となる2本目のホームラン。

 

アナ 第8号ホームラン。

 

真中 そして4打席目のレフト前ヒットは低めの変化球を上手く拾いました。

 

アナ これは技という感じでしたよね。

 

真中 はい。ここまで来るとゾーンに入っている感じですよね。もう振ればヒット、振ればホームランという感じでしたよね。

 

アナ 5打席目はセンター前ヒット。

 

真中 はい。

 

アナ そして6回目の打席が回ってきました。

 

真中 最後の6打席目も見事なホームランです。

 

アナ ランナー2人置いてました。

 

真中 はい。まあ、大山は序盤になかなか調子が上がって来なかったんですけど、9月の打率は4割6分ですよね。

 

 打率本塁打打点
3~8月.224(210-47)221
9月.460(50-23)718

アナ うん。

 

真中 これは月間MVPの第一候補というぐらいの数字を残しているんですけども、この大山がチームを引っ張ってほしいですよね。

 

アナ これぐらいやってほしいですよね。

 

真中 若い選手がね。いつまでも福留と糸井を頼ってばっかりじゃなくて、大山みたいな若い選手にチームを引っ張ってほしい、そんなゲームでしたね。

 

アナ 阪神はこれから連戦がずーっと続きますからね。

 

真中 そうですね。まあ、大山の活躍は金本監督も喜んでいるでしょうね。

 

 

この日の大山が作った記録

1イニング2本塁打→2016/5/7の中日ビシエド以来NPB20人目

1試合6安打→2003/7/27のダイエー城島健司以来NPB9人目

1試合3本塁打→2010/6/29の阪神ブラゼル以来球団17人目

 

 

以上です。

覚醒したかどうかはまだ分かりませんけど、実力がなければこんな記録は作れませんよ。

おすすめの記事