2020912日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先制3ラン、終盤に決勝ホームランを放った読売ジャイアンツの岡本和真のバッティングについて元横浜の斎藤明雄と元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



岡本のヒーローインタビューの一部

岡本 何とか塁に出ようと思って打席に立ったんですけど、それがホームランになってくれて良かったなと思います。11つ多く勝てるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

 

 

岡本を語る

この日の岡本の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点3)
2打席目 セカンドフライ
3打席目 ショートゴロ
4打席目 レフトホームラン(打点1)
復活の1試合2発!

 

アナ 巨人がヤクルトとの接戦を制しました。巨人が強いです。明雄さん、熱視線はどこですか?

 

斎藤 やっぱり岡本の2本のホームランですよね。ここ最近はあまり調子が良くなくてミスショットが多かったんですけど、今日のバッティングを見ていると完璧に捉えてますよね。1本目は真っ直ぐ系のカットボールだと思うんですけどね。

 

アナ うんうん。

 

斎藤 そして2本目は近藤が投げた初球のカーブなんですよ。カーブをひと呼吸置いてしっかりタメを作ってスイングできてましたよね。やはり4番がこうやって打てばゲームは勝つのかなと思いますよね。

 

アナ なるほど。里崎さんはどうご覧になりますか?

 

里崎 今週の巨人は引き分けありの51敗でチームは勝ってたんですけど、岡本自身は19打数3安打1打点だったんですよね。

 

アナ はい。

 

里崎 そこまで調子を落としながら、今日1本ホームランを打ったら立て続けに打てるという、タイミングを取り戻す早さというところに対応力の高さが見えますよね。

 

アナ 見事なホームランでしたね。

 

 

以上です。

また打ち出しそうですね。
おすすめの記事