201977vs広島カープ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は高橋遥大、広島の先発は床田寛樹。この試合は序盤から投手戦というか、貧打線のような状況。均衡が崩れたのは7回裏に糸井のヒットを足掛かりに大山がタイムリーを打ち1点先制。阪神の先発高橋は8回を無失点に抑えて降板。最後はドリスが締めて1-0で阪神の勝利。スカイAMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―息詰まる投手戦を制した

矢野 今日はどうしても勝ちたかったんでね。遥人に勝ちがつきましたし、3連勝して明日からジャイアンツと戦えるんで結果的に最高の形になりました。

 

―高橋遥人がプロ最長8イニング無失点

矢野 ずっと勝てるようなピッチングをしていましたし、気持ち的には最後までいかせたいなという思いもあったんですけど、球数もだいぶ増えてしまったんでね。ローテに入って一定の間隔で投げ続けるというのも初めてですね。ピッチングの内容も素晴らしかったです。

 

―ここまで援護がなかったがようやく勝てたのは高橋にとって大きい

矢野 西とかいいピッチングしているのに先発に勝ちがつかないというのは本当に多かったんで、遥人が粘ってね、相手の床田も良かったんですけど、ナイスピッチングでした。

 

―決勝点は大山には直前にバントのサインも

矢野 悠輔には大事な場面ではバントのサインは出すことがあるよ、と伝えているんでね。僕の中ではビックリするようなことじゃなく、皆さんは初めて見たんでビックリしたかもしれませんが。まあバント失敗の後によく取り返してくれました。

 

―いい結果も出たのでキッカケにしてほしい

矢野 バントのサインを出された悔しさとか、失敗したあとの何とかしてやろうという気持ちがあのヒットに繋がったと思うんで、明日からどんどん打ってくれることを期待したいです。

 

―明日から首位巨人との戦い

矢野 うちらしい戦いをするだけですし、なんとか残り3つ全部勝つつもりで明日からやっていきます。

 

 

矢野監督のその後のコメント

7回裏に打席で痛めた梅野について

矢野 現状では明日いかせるか分からない。本人はいくと言っている。(※ちなみに梅野は有鈎骨は高校時代に既に取っているらしいのでその骨の故障ではないようです)

 

7回裏の大山の走塁ミスについて

矢野 あの速い打球で悠輔が飛び出してしまった事が問題だ。マルテも行くなら行ってしまわないとダメだし、行かないなら行かない、どっちかの判断だよね。

 

 

浜中打撃コーチの試合後のコメント

浜中 大山の決勝打は00で何としても1点が欲しい場面。バントを決めないといけないところんだけど、最後は4番の意地を見せてくれた。何とかしようという気持ちがタイムリーになった。ただ、本人はバントのサインを出された悔しさもあるだろう。

 

 

清水ヘッドの試合後のコメント

清水 大山はバントのサインを出されて悔しさがあったのか塁上でガッツポーズが出ませんでした。相当悔しかったと思う。梅野は心配だけど大丈夫だと思う。

 

 

以上です。

高橋遥人はエースですね。
おすすめの記事