20191017日にテレビ朝日で放送された『報道ステーション』で東京ヤクルトスワローズのドラフト1位で入団することになった星稜高校の奥川恭伸がドラフト直後にインタビューを受けています。聞き手はABCアナウンサーのヒロド歩美。

 



ヒロド 指名まで待っている間は長かったですけど、どんな気持ちでした?

 

奥川 ずっとドキドキというか、不安なこともあったので、ひとまずホッとしています。

 

ヒロド まず最初にヤクルトに指名されましたけど、どうでした?

 

奥川 スゴく鳥肌が立ったというか、初めての経験だったので、スゴく不思議な感覚でした。

 

ヒロド それなのに指名直後はキリっと表情を崩さずスゴいですね。あの時の気持ちはどうでした?

 

奥川 もう本当に安心してたんですけど、なんとか「表情を崩さずにやろうかな」と思っていたので。

 

ヒロド ライバルがいます。西(純矢)君が阪神、森(敬人)君がDeNA、そしてセ・リーグとパ・リーグは違いますけど、佐々木(朗希)君がロッテと交流戦で当たるかもしれませんが、その辺はどうですか?

 

奥川 そういう選手たちともこれから対戦できるように、まずは試合に出れるように頑張っていきたいと思いますし、もし対戦する機会があれば負けたくないなって思うので。

 

ヒロド うんうん。

 

奥川 もう一度、甲子園のマウンドに立ちたいという思いもあるので、そうやってマウンドに立てるようにこれから頑張っていかないといけないかなと思います。

 

ヒロド それではプロへの決意をお願いします。

 

奥川 また高校野球の甲子園とは違って雰囲気の中で多分、自分の見える世界とは違ってくると思うので、そういうのをしっかり楽しみながら、投げることができれば一番いいのかなと思います。

 

 

以上です。

セ・リーグには石川、森、西がいますから楽しみもあります。
おすすめの記事