20191017日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で埼玉西武ライオンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



西武のドラフト指名
1位 宮川哲  投手 東芝
2位 浜屋将太 投手 三菱日立パワー
3位 松岡洸希 投手 武蔵ヒートベアーズ
4位 川野涼多 内野 九州学院大学
5位 柘植世那 捕手 Honda鈴鹿
6位 井上広輝 投手 日大三高
7位 上間永遠 投手 徳島インディゴ
8位 岸潤一郎 内野 徳島インディゴ

育成ドラフト
1位 井出敏博 投手 神奈川大学

 

アナ 西武は佐々木朗希を外し、外れ1位で社会人ナンバーワン右腕と呼び声の高い宮川哲投手を指名することができました。小関さん、西武のドラフトについてはどうでしょう?

 

小関 宮川・浜屋・松岡まで含めてリリーフに適正がある選手を持ってこれたという感じですよね。

 

アナ はい。

 

小関 ストレートがキレて、変化球もキレるという。松岡も多分そういう選手なんですけど、非常にチームの事情に合った指名ですよね。

 

アナ うんうん。西尾さん、つまり野手はガッチリと固まっているという西武ですよね。

 

西尾 そうですよね。あとはピッチャーでも井上広輝投手が6位までよく残っててラッキーだなというのがありますし、できれば強打者タイプも欲しかったんですけど、ちょっと優先度が下がっていたんでしょうね。それで45位で内野と捕手の将来的な事を考えたと。柘植捕手は即戦力に近いと思うんで、この辺はよく目が行き届いていたなと思いますね。

 

アナ ただ、秋山翔吾選手がいついなくなるかという問題もあります。そんな中で外野手は少なかった。

 

西尾 岸選手は内野と外野のどちらもできますからね。

 

アナ という西武ライオンズでした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

投手の補強を最優先しました。
おすすめの記事