202093日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.広島カープ戦で8回無失点で3勝目、今季本拠地初勝利した中日ドラゴンズの福谷浩司のピッチングについて元横浜の高木豊、元中日の立浪和義がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



福谷のヒーローインタビューの一部

福谷 ずっとビジターで投げ続けて、ここで投げるのを目標にやってきたので、本当に嬉しかったです。監督からも「いけるのか?」と言っていただいて「いくつもりです」と答えて、結果代わる事になってしまいましたけど、本当に悔しかったのが一番だったんですけど、ちょっと情けない姿を見せてしまいました。次こそ完投・完封できるようにしっかりと練習していきたいと思います。

 

 

福谷を語る

この日の福谷の投球内容
7回2/3 113球 被安打7 奪三振8 四球1 失点0
今季3勝2敗 防御率2.89(9/3の試合終了時点)
先発で本拠地初勝利!

 

稲村 中日が広島に快勝。福谷投手はナゴヤドームで投げる喜びも伝わるヒーローインタビューでした。立浪さん、この試合の熱視線をお願いします。

 

立浪 やはり今日は福谷投手ですよね。もともと彼には力があって、一時は抑えもやるぐらいのピッチャーだったんですよね。

 

高木 そうですよね。

 

立浪 ただ、そこから苦労して自分から制球を乱して相手にやられるというケースが多かったんですけど、今は力感は少なくなったんですけど、球の伸びがスゴく良くなったんですよね。

 

高木 えぇ。

 

 

立浪 今日は特に右バッターのアウトサイド、左バッターのインサイドと真っ直ぐだけでしっかりと抑える事ができたと。

 

高木 そうですよね。

 

立浪 そういうところと、あとは右バッターに対するツーシームが非常に効果的にコーナーに決まってましたよね。

 

高木 まあ、コントロールが安定してきたなという印象なんですがね。

 

立浪 そこが一番ですよね。本人も投球フォームを変えて非常にバランスのいいフォームになりましたよね。

 

高木 なるほど。

 

立浪 前まではもっと力んで投げていましたからね。

 

高木 そうですよね。今日はピンチでも坂倉、鈴木誠也、松山のクリーナップに対して左の坂倉と松山を三振に取ってね。

 

立浪 そうですね。今日の試合では阿部選手のエラーで普通はガタガタっといきそうなところをメンタルも強くなりましたよね。

 

高木 メンタル強くなりましたか?

 

立浪 強くなったと思いますね。

 

高木 でも泣いてましたよね?

 

立浪 そうですね()

 

高木 あの涙でヒーローインタビューを聞くと、あれは何だったんだってなるんですけど()

 

立浪 まあ、そこは違うメンタルとして置いといてですね。

 

高木 なるほど()

 

稲村 次こそは完封勝利を見たいですね。

 

高木 そうですね()

 

 

以上です。

最近は涙を見せる選手が増えたかもしれません。
おすすめの記事