2019510vs中日ドラゴンズ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は西、中日の先発は又吉。西は1回表は余裕の立つ上がりでしたが、2回表にビシエドに出塁を許し高橋周平にライトポール直撃の2ランホームランを打たれて先制される。阪神はすぐにその裏にマルテの2ランホームランですぐに追い付き、西のヒットから糸原、大山のタイムリーで更に3点追加でこの回に一挙に5点取る。更に5回裏には木浪のタイムリー3ベースヒットで1点追加。7回表に西は打ち込まれ1点返されるも8回はジョンソ-ン、9回はドリスが締めて最終スコア7-3で阪神の勝利。スカイAのレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

12連戦後の1試合目にいい流れ

矢野 先制はされましたけど、すぐに逆転できましたし、ピッチャーの西もよくん頑張ってくれましたし、ジョンソンとドリスもいつも通りに投げてくれたんで申し分ないです。

 

2回裏にマルテの同点2ラン

矢野 点を取られた後にすぐだったんで余計にチームのムード変えてくれて大きかったです。

 

―マルテのHR後に打線がよく繋がった

矢野 結局2アウトから西のヒットで3点取ったという1球の怖さと、またうちにとってはいい攻撃ができたのは大きいですね。

 

5回はバントを絡めて木浪のタイムリー3ベースヒット

矢野 中押しがないと流れがこっちに来ないところだったんで、あそこはリュウ(梅野)がしっかり送ってくれてセイ(木浪)がしっかりと打ってくれました。

 

―改めて2アウトからよく繋がって攻撃が多彩になっている

矢野 反発力というか、点を取られてもすぐに追い越せましたし、粘りというのも出てきてると思いますし、最後の1(8回裏の追加点)2アウトからかな。そういうところでチーム全体の粘り強さとか繋がりが出てきていると思います。

 

 

―先発・西の投球について

矢野 いつも通り西らしくテンポ良く、球数も少なく、相手もどんどん打ってきている中で丁寧にいくところはいって、大胆にいくところはいってね。本当に西らしいピッチングで流れを作ってくれるんで助かっています。

 

8回も続投の準備をしているように見えたが7回までだった

矢野 ピンチもちょっと作っていたんで球数よりも、疲れも出始めているところで決断しました。

 

―今季最多の貯金3 明日に向けて

矢野 カード頭を取れたんで明日もメッセンジャーがいいピッチングして、みんなが打ってワイワイできるようなゲームにしていきたいです。

 

 

試合後のマルテのコメント

マルテ 自分自身、11日いいリズムで状態が良くなってきている。ゾーンに来たボールを強く叩くことを意識して日々取り組んでいる。僕はコンタクトすればライナーを打てるバッター。どちらかと言うとフライよりもライナーを打つバッター。チームは勝っているけれどもホームランを狙い過ぎずにセンター方向を意識してこれからもやっていきたい。

 

 

試合後の梅野のコメント

―先発の西について

梅野 は7回表に1点取られたけど、6回で終わるのと7回で終わるのとでは全然違います。なかなか状態が上がってこない中でランナーがいない時は打たせて取ったり、ピンチの時は裏をかいて三振を取ったり。リード面でメリハリを利かせることができた。ここってところで西さんもいいボールが来ていた。

 

―試合を通して

梅野 8回裏の大山のタイムリーは大きかった。投打ともに噛み合ったいいゲームでした。

 

 

以上です。

投打が噛み合って本当に快勝でした。

おすすめの記事