2021年4月16日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でショートでのプロ野球歴代最多出場を記録した読売ジャイアンツの坂本勇人について元横浜の野村弘樹、ヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



ショートでの通算出場(2021/4/16時点)
1位 坂本勇人 1778試合
2位 鳥谷 敬 1777試合
3位 石井琢朗 1767試合

 

稲村 巨人が菅野投手の完封でDeNAに勝利しました。

 

野村 真中さん、坂本が今日でショートでの最多出場です。

 

真中 凄いですねぇ。やっぱり坂本は怪我をせずに毎年ほぼ1年間出てるのが凄いですよね。そんな中でアベレージも残しますし、ディフェンスでもチームに貢献するという意味では本当に頼りになるショートですよね。

 

野村 はい。大矢さん、やはりショートで出続けるのは大変だと思うんですよね。

 

大矢 そりゃ大変ですよ。ここまで打撃でも数字を残してますし抜群の成績なんですよね。

 

この日の坂本の打撃内容
1打席目 センターフライ
2打席目 センター前ヒット
3打席目 センターホームラン(打点1)
4打席目 フォアボール
5打席目 ライト2塁打
シーズン打率.318
記録に花を添える一発も放つ

 

大矢 ショートというポジションで坂本は一流になりましたよね。捕球にしてもスローイングにしても上手になるにはそれなりの道程がありましたけど、それを自分で「上手くなるには」という気持ちを持ってここまで来てるんでね。今は自分にプライドを持ってプレーしてると思いますね。

 

野村 そうですね。

 

 

以上です。

このまま前人未到の記録まで行きそうですね。
おすすめの記事