20191017日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で2019年の福岡ソフトバンクホークスのドラフト指名について元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



ソフトバンクのドラフト指名選手
1位 佐藤直樹  外野手 JR西日本
2位 海野隆司  捕手  東海大学
3位 津森宥紀  投手  東北福祉大学
4位 小林珠維  内野手 東海大札幌高校
5位 柳町達   内野手 慶応大学

育成ドラフト
1位 石塚綜一郎 捕手  黒沢尻工業高校
2位 大関友久  投手  仙台大学
3位 伊藤大将  内野手 八戸学院光星高校
4位 勝連大稀  内野手 興南高校
5位 舟越秀虎  外野手 城北高校
6位 荒木翔太  内野手 千原台高校
7位 村上舜   投手  山形中央高校

 

稲村 野村さん、ソフトバンクのドラフトの印象はいかがでしょうか?

 

野村 3位の東北福祉大の津森選手ですか。

 

稲村 はい。

 

野村 先日、僕の大先輩である佐々木主浩さんの後輩に当たるんですけど、本当にポテンシャルが高いらしいんですよね。サイドから150キロぐらい投げられるということですから、サイドで150キロを投げるピッチャーってなかなかいませんからね。

 

真中 そうですね。このタイプでそれだけのスピードボールを投げる選手はいないですから、特に右バッターには打ちづらいボールを投げるでしょうから楽しみですね。

 

野村 またソフトバンクに入ったというのがね。

 

真中 ソフトバンクはピッチャーがたくさんいますからね。なかなか出てくるのは大変かもしれませんけども、楽しみですね。

 

野村 あとは東海大学の2位の海野選手については里崎さん、どうですか?。

 

里崎 そうですね。全体的にキャッチャーの数はいると思うんですけど、やっぱりもうちょっと厚みを増したいという意思を感じられますよね。

 

野村 うんうん。

 

里崎 そういったところで甲斐、高谷に続いてこの海野で層を厚くしたいというチーム方針じゃないですかね。

 

野村 そうでしょうね。確か東海大学でも1年ぐらいから出てる選手なんで経験も積んでるしょうし楽しみですね。

 

ここから少し時間が飛んで再びソフトバンクのドラフトの話題になります

 

里崎 僕はロッテのドラフトは完璧だったと思うんですけど、ロッテ以外だとソフトバンクは上手かったなと思うんですよね。

 

野村 ほー。

 

里崎 工藤監督も言ってましたけど、1位の佐藤くんは右バッターですよね。現状のソフトバンクは柳田、長谷川、中村、上林という左バッターが多い中でやっぱり右が欲しいという意図も分かりますし、4位とサードを獲って松田選手の次をしっかりと考えた編成をしていますよね。

 

野村 うんうん。

 

里崎 本当は石川くんを獲ってサードを埋めたかったんですけど、獲れなかったんで45位でしっかりと埋める。こういったところでバランスよくやれてますよね。あとは育成をしっかり獲って、3軍で仕上げてまた育ってきます。

 

 

以上です。

かなりの高評価。里崎はドラフトマニアレベルで語れます。
おすすめの記事