2019519vs広島カープ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は秋山、広島の先発はアドゥワ誠。阪神秋山は立ち上がりにバタバタし菊池、バティスタの連打から4番鈴木誠也のタイムリー2塁打で2点先制される。2回表には田中広輔の2塁打からピンチを広げ菊池のタイムリーで1点追加され3点差。更に4回表には田中広輔のヒットから菊池とバティスタの連続タイムリーで2点追加され5点差となる。阪神は9回に1点を返すのがやっと。最終スコア1-5で阪神の負け。GAORAの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の負けインタビュー

―甲子園3連敗

矢野 終わったことは仕方ないんで。いつも勝ちたいと思ってやっていますし、甲子園でいい姿を見せたいと思っているんでね。ただ次の試合もあるんでこういうこともあるでは済まされないんで前を向いて戦っていくだけです。

 

―アンラッキーな当たりもあった 得点力不足

矢野 仕方ない部分もありますし、ライナーでも凡打になったり、ボテボテがヒットになったりもあると思うんでね。どうやって点を取っていくかっていうのがうちのチームとしてのずっと課題なので一喜一憂する部分もありますけど。でも、どうやって点を取っていくかっていうのを見つめながらやっていくしかないと思うし。そこが成長していける部分だと思います。

 

2番手以降投手が無失点

矢野 谷川は今季初登板だったんでね。谷川も競った場面や連投が続いた場面で投げてくれるようになるとチームとしてもスゴく助かるんで。浜地は昨日スケールの小さいピッチングをやってましたけど、今日は堂々と向かって行けた部分もあったかなと思うんで。ピッチャーは何人出て来てくれてもありがたいんで、堂々と向かって行ってくれたらと思います。

 

 

試合後の福原投手コーチのコメント

―先発5失点の秋山について

福原 投げているボールが全体的に高かった。試合の中で修正できなかったのが大きい。

 

2番手の谷川について

福原 投げっぷりのいいピッチャー。いいボールを投げていたので今後に繋がるマウンドになったかな。

 

 

谷川の試合後のコメント

谷川 腕を振って投げることだけを意識してマウンドに上がりました。バッターの内角に投げ切ることができなかったことが反省です。

 

 

以上です。

点が入る気しなかった。
おすすめの記事